【ジギタリス】すずらんのように連なって咲くこの花の花言葉は?実は毒にも薬にもなる花だった

ジギタリスは、すずらんのように連なって咲くユニークな花です。
代表的な花言葉は「不誠実」や「熱愛」です。

今回の記事では、そんなジギタリスについてご紹介します。
ジギタリスは毒にも薬にもなる植物でもあり、ユニークな特徴も多いです。

ジギタリスとは?

ジギタリスはオオバコ科(ゴマノハグサ科)ジギタリス属の植物です。
まずはジギタリスがどういう植物なのか見てみましょう!

ジギタリスの開花時期

まずジギタリスの開花時期についてですが、主に5月~6月の初夏に花を咲かせるのが特徴となっています。
品種によっては7月頃まで咲くものもあるそうです。

市場には5月~8月頃まで出回るため、初夏から真夏までずっと楽しめる花でもありますね。

そんなジギタリスの花色に関しては紫が主となっていますが、その他にも白やピンク、オレンジ、黄などのものも開発されています。
ちなみに花持ち期間は5日~7日ほどとなっています。

ジギタリスの原産

では、ジギタリスはどこが原産なのでしょうか?

ジギタリスは、ヨーロッパやアフリカにかけて生息しています。
かなり広い範囲に分布していると言って良いでしょう。
事実、西アジアから中央アジアにも広がっています。

これらの地域では自生する姿も見られる他、栽培されている品種も多々あります。

ジギタリスの花言葉

そんなジギタリスにはどのような花言葉があるのでしょうか?
ここからはジギタリスの花言葉についてご紹介します。

全般的な意味の花言葉

ジギタリスの全般的な花言葉は「不誠実」「熱愛」です。

良い意味でも悪い意味でも使われる熱愛という言葉の他、不誠実という言葉が充てられるなどジギタリスの花言葉は裏表があるのが特徴です。
これらの花言葉はギリシャ神話のある逸話が関係しているのだとか。

ジギタリスの花言葉の由来とされる神話

ジギタリスの花言葉に不誠実や熱愛というものが当てられている背景には、ギリシャ神話のある逸話が関係しています。

その逸話とは以下のようなものです。

全知全能の神「ゼウス」の妻「ヘラ」は日頃からサイコロ遊びに興じていたそうです。

そんなある日、ヘラは誤ってサイコロを地上に落としてしまいます。
当然、自分で取りに行くことはできません。

そこで、ヘラはサイコロを取ってくるようゼウスに頼んだのです。
しかし、日頃からヘラのサイコロ遊びを好ましく思っていなかったゼウスは、地上に落ちたサイコロをジギタリスの花に変えてしまったのです。

深読みすれば、ゼウスはもっとヘラに構ってほしくてサイコロをジギタリスの花に変えてしまったのかもしれません。

ジギタリスの名前の由来

ジギタリスの名前の由来はどこにあるのでしょうか?
以下、名前の語源についてもご紹介します。

ジギタリスの学名は「Digitalis」と言います。
これはラテン語の「digitus(指)」が由来だそうです。
その理由は花の形が指サックに似ていることから来ているのだとか。

別名の「狐の手袋」は、英名の「Foxglove(フォックス・グローブ)」をそのまま訳したものです。
この花が手袋のように見えることが語源なのだとか。

どちらにしてもジギタリスの名前は「手」を連想させるところから来ているわけですね。

ジギタリスは薬にもされたけど、毒があるので気を付けて!

ジギタリスはとても美しい花なのですが、毒もあります。
昔は薬としても使われていたのですが、摂取すると危険なので注意しましょう。

毒のあるジギタリス

ジギタリスは全草に猛毒があるとされています。
そのため、観賞用として栽培する際には取り扱いに十分な注意が必要です。

ヨーロッパでは、ジギタリスの花の内側にある濃い紫色の斑点は「毒のある印として妖精がつけた指跡だ」という言い伝えが残っているくらいです。
誤って摂取してしまうと不整脈などを起こして死に至ることもあるそうなので、素手で触れることも避けたい花だと言えるでしょう。

かつては薬にもされたジギタリス

ただ、そんなジギタリスは薬用植物としても有名です。

実際、ジギタリスが持つ毒には心臓の収縮力を強める作用があるとされ、古くから薬としても重宝されてきました。
ヨーロッパでは乾燥させた葉を原料として薬も作られていたそうです。

しかし近年では、その成分を人工的に作れるようになったため、ジギタリスが薬草として用いられることはほとんどありません。

まとめ

ジギタリスは一見するととても美しい花なのですが、その毒は命を奪うほど強力だったりもします。
花言葉は不誠実や熱愛など裏表のあるもので、ある意味で薬にも毒にもなるジギタリスそのものを表しているようにも思えますね。

関連記事はこちら

ハーブとして用いられるセージ、その花言葉は同じスペルの単語に由来した!

意外!猛毒で知られるトリカブトにはポジティブな花言葉もあった

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事