「くだらない」、その語源は江戸時代のお酒にあった?意味や由来を解説!

「くだらない」は、取るに足らないしょうもない物事を指し、人に対しても頻繁に用いられる言葉です。
この「くだらない」という言葉は、江戸時代のお酒から来ているともされています。

そこでここでは、「くだらない」の意味はもちろん、その背景となった語源や由来についても見ていきましょう。

「くだらない」とは

 

まずは「くだらない」の意味や、対義語について見ていきましょう。。

「くだらない」の意味

「くだらない」とは、真面目に取り合うだけの価値がないことをあらわす言葉です。
また、程度が低く馬鹿らしいものを指すこともあります。

その他にも、興を削ぐ様子に対して吐き捨てるように「くだらない」と言葉を発すという用い方がされることもあります。

原則として、ネガティブな表現となります。

「くだらない」の対義語

「くだらない」の対義語としては、「面白い」や「尊い・貴い」などがあげられます。

「面白い」とは、人が興をそそられることをあらわします。

「尊い・貴い」は、崇高で近寄りがたいことを指しています。
極めて価値のあることや貴重なものなどを表す言葉となります。

「くだらない」の語源

 

「くだらない」は、その語源について諸説あります。
ここでは、由来とされる説を2つご紹介します。

お酒から来たとする説

「くだらない」には、お酒から生まれたとする説があります。

それは江戸時代のことです。
大阪や京都などは、上方と呼ばれていました。

この上方の中でも、伏見で醸造されたものは質の高いお酒としてしられていました。
伏見を中心に上方で醸造されたお酒は、江戸にも運ばれていました。
江戸の人々は、上方で作られたお酒を、上方から下ってきた酒という意味で「下り酒」と呼び重宝していました。

対して関東周辺で作られたお酒は質が落ちるとされました。
そこで、下って来ていないお酒は質が落ちるという意味で「下らない」と表現されるようになりました。

そこから、質の悪いお酒だけではなく、取るに足らない物事についても「くだらない」と表現するようになったとされています。

通じるを意味する「下る」の打ち消し形から来たとする説

動詞としての「下る」には、通じるという意味もあります。
そこに、打ち消しの助動詞「ない」を付けて「くだらない」という表現が生まれたとされます。

「下る」には、もともと「筋が通る」という意味もあります。
その否定形、つまり「筋が通る」という状態という事で生まれた表現とも考えられています。

「くだらない」の類義語

 

「くだらない」の類義語はいくつかあります。
「つまらない」「いやしい」「ちっぽけ」「益対もない」「甲斐無し」どれも取るに足らないことをあらわす言葉です。

つまらない

「つまらない」とは、心に感動をもたらさないこと、面白みにかけていて退屈であることを表現する際に使われます。
また、くだらないことやしょうもないこと、大したことのないことも指します。

いやしい

「いやしい」は、卑劣なことや品位に欠けること、そして洗練されていないことをあらわしています。
また、下品な人や貪欲な人を指しても使われます。

かつては、身分や地位が低い人を意味する蔑称としても用いられていました。

ちっぽけ

「ちっぽけ」は、小さくて貧弱である様子を指しています。
とても少ないという意味でも使われます。

益体も無い

「益体もない」は、役に立たないことを意味します。
無益でつまらないことや、でたらめなことも指します。

甲斐無し

「甲斐なし」とは、どうにもならないことや効き目がないことをあらわす言葉です。

何をしても無駄というニュアンスが強くあります。
また、まったく反応しない物事や値打ちがないことを指して使われることもあります。

まとめ

「くだらない」は、江戸時代のお酒から来ているという説があります。
当時は、京都や大阪方面は上方と呼ばれていました。
この地域から江戸に送られてくるお酒は「下り酒」と呼ばれ、重宝されていました。

対して、江戸や関東で作られたお酒は下り酒に比べると質が下がるとされました。
そこから、質の良くないお酒を「くだらない」と表現されるようになり、それが転じて価値の低いものや取るに足らない物事を指すようになったとされます。

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事