「のぼる」の漢字表記は「上る」と「登る」に「昇る」とあるけど、どれを使えばいいの?

上に向かって進むことを指す「のぼる」は、漢字で「上る」や「登る」、「昇る」といった表記がありますが、その違いはわかりにくいです。
しかし、どの「のぼる」も若干ながら意味合いが異なり使い訳がされています。

そこでここでは、日常会話でもよく使う「のぼる」という表現について、どの漢字を用いるのか、その使い分けについて解説します。

「上る」の意味と使用例

まずは「上る」の意味と使用例、そして対義語について解説します。

「上る」の意味

「上る」の表記は、下から上に向かうことを指します。
多くの場合、この「上る」の表現をすれば通じます。

要は、下から上に向かうもの全般を指すのが「上る」です。

「上る」の使用例

上るは、「階段を上る」や「坂道を上る」といった表現で使用できます。
両者ともある地点より上の位置に向かって進むことを指しています。
怒りの表現として「頭に血が上る」と表現することがありますが、これは全身の血が頭に登っていくことの比喩となっています。

また、「都に上る」や「上り線」など、地方から東京など中央に向かうことを表現する際にも用いられます。

他にも「話題に上る」は取り上げられること、「食卓に上る」はテーブルに並べること、「100万人に上る」はある数量に達することにも使用できます。

「上る」の対義語

「上る」の対義語は、「下る」「降る」です。
共に、ある地点から下に向かうことを指す語となっています。

「登る」の意味と使用例

次に「登る」の意味と使用例、対義語を見ていきましょう。

「登る」の意味

登るは、自分の意思で労力をかけて高いところに進むことを指します。
特に山や坂など明確な目的地に向かって進むことをあらわして使用されます。

「登る」の使用例

登るは、「頂上まで登る」というように、どこか明確な地点に向かって進む際に用いられます。
「登山」という語句はこの意味で使われます。

また、他よりも一段高い場所に行くという意味でも用いられます。
この意味合いでは「登板」や「登壇」といった語句があります。
「登板」はピッチャーがマウンドに立つことですし、「登壇」は話をする人が、全体から集中が向くステージ上などに行くことを指します。

「登る」の対義語

登るの対義語は、「下りる」「降りる」などです。
「上る」と同じで、高いところから低いところに向かうことを指す「下りる」や「降りる」などが対義語となります。

「昇る」の意味と使用例

ここからは、「昇る」の意味と使用例、そして対義語を見ていきましょう。

「昇る」の意味

昇るは、空中に高く上がっていくことを指します。
そのため対象となるのは、中空に舞うことがあるものです。

また、空=天という連想から、尊いものやそれにあやかったものに対して用いられる事もあります。

「昇る」の使用例

昇るは、「日が昇る」や「煙が昇る」のように、空高く上がっていくものや様子を指す際に用いられます。
また、空の上にあるとされる天も昇る対象となり、「天にも昇るよう」という表現が可能です。
神様がいる神社や神殿の奥まで進んでいくことを「昇殿」と言いますが、これは天にあやかるものだからともいえます。

その他、高い地位や役職に就くことは「地位が昇る」と表現されます。

「昇る」の対義語

下るや降りるなどと同じく、下に向かっていくという意味の「沈む」が昇るの対義語となります。
特に「太陽(日)が沈む」といった表現で用いられることが多いですね。

「上る」と「下る」の読み方は・・・

「上る」と「下る」の読み方は、困ったことに「のぼる」と「くだる」だけではありません。

「上る」と「下る」の考えられる読み方

「上る」や「下る」と書かれていて、どう読むんだ?と悩んだ経験がある人もいると思います。
なぜなら、上るのよみは「あがる」「あげる」「のぼる」など読み方の候補があり、下るの場合でも「さがる」「さげる」「くだる」「くださる」「おりる」といった読み方があります。

前後の文脈から察するしかない・・・

では、この読み方はどう区別したらいいのか・・・その方法は残念ながら文脈から察するしかありません。
そのため、送り仮名が非常に重要な存在となってきます。

例えば「上る」の場合、「上がる」となっていれば「あがる」、「上げる」ならば「あげる」とそれぞれ読み方を判別することができます。
「下る」も同じです。「下がる」なら「さがる」に、「下げる」は「さげる」と分かります。

送り仮名は漢字を読む際の補助として非常に重要になるので、おろそかにできませんね!

まとめ

「のぼる」の漢字表記は、「上る・登る・昇る」があります。
最も頻度が高いのは「上る」で、意思を持って踏ん張って上に向かっていくものは「登る」、空を舞い上がっていくものは「昇る」とそれぞれ使い分けることができます。

また、送り仮名によって、読みが変わってくることもありますので、こちらもおろそかにはできません。

関連記事はこちら

「悲しい」と「哀しい」の違いは何?使い分け方を解説!

「寂しい」と「淋しい」の違いが分かりますか?その使い分けは感情の激しさにあった

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事