スポーツ競技で聞く「MVP」が何の略か知っていますか?MOMやMIPとの違いも解説!

野球やサッカーなどでよく耳にする「MVP」という用語。
この「MVP」は、最優秀選手や最高殊勲選手に贈られるものです。
しかし、この言葉が何の略か分かりますか?

そこでここでは、「MVP」が何の略語なのかをご紹介します。
また、似たような略語の「MOM」や「MIP」についても解説します。

「MVP」とは

まずは「MVP」の意味について見ていきましょう。
ここでは「MVP」が何の略語なのかもご紹介します。

「MVP」の意味

「MVP」とは、最優秀選手あるいは最高殊勲選手のことです。
スポーツなどにおいて最も優秀な成績を収める選手に贈られます。

野球やサッカーなどのチーム競技で活躍した人を称える賞の一つです。
特に「MVP」は、全試合または一定の期間を通じてチームに貢献した選手に与えられる賞となります。

なお、原則1人で戦う卓球やテニスなどでは使われない言葉です。
ただし、一試合ごとや数試合ごとに選出する場合は例外です。
その際は、個人競技であっても「MVP」という言葉が用いられることがあります。

「MVP」を略さないと・・・

「MVP」は「Most Valuable Player」の略語です。
それぞれの単語の意味は以下の通りとなります。

・Most:最も
・Valuable:貴重な
・Player:選手

つまり「MVP」を直訳すると「最も貴重な選手」を指すわけです。
ただ、単に最も貴重な選手と言っても曖昧ですよね。
そのため、スポーツごとに細分化している場合もあります。

例えば、野球では首位打者や本塁打王、打点王のような称号も別途で用意されています。

MOMやMIPとの違いは?

「MVP」に似た略語に、「MOM」や「MIP」などがあります。
ここからはそれらの意味について見ていきましょう。

「MOM」とは

「MOM」は「Man of the Match」の略語です。
これは、特定の試合の中で最も印象的だった選手のことを指します。
基本的には「MVP」と同じ意味を持つ言葉です。

しかし、「MOM」は試合単位で表彰されることが多いです。
対して「MVP」は大会や年間といった単位で表彰されることが多いとされています。

「MIP」とは

「MIP」は「Most Impressive Player」の略語です。
ある試合において最も印象的な選手のことを指します。
これは、印象に残ったかどうかで選出されるのが特徴です。

「MVP」は原則チームの優勝に貢献した選手などに贈られます。
それに対して、「MIP」は印象に残った選手に贈られます。
そこに優勝したかどうかなどはあまり関係ありません。

無名の選手であっても、プレイ次第では「MIP」に選ばれる可能性があるということです。

ただ、決して「目立ったもん勝ち」ということではありません。
奇抜な髪型や服装をして目立ったところで「MIP」に選ばれることはありません。
あくまでも素晴らしいプレイで魅了したなど、良い意味で人々の印象に残ったかどうかが基準となるわけです。

ビジネス用語のMVPは全く意味が異なる

ビジネス用語の「MVP」は「Minimum Viable Product」の略語です。
これらは起業家のSteve Blankとその門弟Eric Riesによって提唱された概念を指します。

ビジネス用語におけるMVP

ビジネスにおける「MVP」は、顧客に価値を提供できる最小限の製品やそれを使ったアプローチのことを意味します。
直訳すると実用最小限の製品という意味です。

例えば自転車を例にあげましょう。
自転車は車輪だけ用意しても顧客の自転車としてのニーズには応えられません。
では、そこにフレームを付ければいいのかというとそうでもありません。
ハンドルやブレーキ、ペダルなどを取り付けないと走られることができません。

逆にいうと、自転車として走らせることが最低限揃っていれば、荷台などのオプションが無くても、顧客は価値を感じられます。
このように最低限「商品として価値がある状態」のことを「MVP」と言います。

まとめ

「MVP」はスポーツの世界でよく聞く略語です。
この言葉は、「Most Impressive Player」の略語です。
その意味は、最優秀選手や最高殊勲選手などを指す言葉です。

他にも似たような意味を持つ略語に「MOM」や「MIP」があります。
「MOM」はある試合の中で最も印象的だった選手のことを指します。
「MIP」はある試合において最も印象的な選手のことを指します。

関連記事はこちら

野球の三振は、なぜ「K」と書かれるの?その理由を解説

チアリーディングとチアダンスの違いはなに?競技の特徴を解説

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事