水族館の目立たない貼り紙だけど・・・書かれていたことが深いと話題に!「人間世界でも言えること」

街中や交通機関など、公共の施設にはたくさんの貼り紙があります。普段あまり目にとまらないことが多いと思いますが、ふと目にした時に「はっ!」と思わせられる貼り紙もあったりしますよね。

今回話題となっているのは、水族館の目立たない場所に貼られていたという貼り紙。書かれていたことが深い内容だったようです。

凄く良いことを言ってる

投稿されたのは、Twitterユーザーのカワセミ(@Kawasemi8159)さん。北海道小樽市にある「おたる水族館」に貼られていた紙だそうです。


貼り紙に書かれていたのはクイズ。しかし、クイズの内容は「なぜ、ここにクイズがあるのでしょうか?」と問いかける、斜め上の角度からのもの。

選択肢が3つある中で、答えは3番の「大切な事を伝えたい」。その解説にはこんなことが書かれていました。

このクイズを見つけたように、水槽の中や、生きものは、色んな角度から、何度も何度も、みてください。 

「こんなものだろう。」と決めつけられると、発見はそこで終わってしまいます。

実に深い内容ですよね。水槽の中の生き物を、パッと見た目で判断してしまうのではなく、様々な角度から何度も見ていくうちに新しい発見があるというようなことを伝えています。

これは、水族館で生き物を観察する時だけでなく、私たちの日頃の暮らしの中でも通じる考え方ですよね。ただ、まさかこんな目立たない場所に貼られている紙に、そういった内容が書かれているとは思いませんでした(笑)

展示する側の思いが伝わる

この投稿に対しては、「伝え方にとてもセンスがありますね」という声や、「展示する側の思いが伝わりますね!」といった声など、多くの反響が寄せられていました。

確かに「まぼろし」という選択肢はユニークです。一見ふざけているのかと思いきや、最終的に伝えたいことをしっかりと伝えていますよね。

北海道ならではの魚たち

人気の観光地「小樽運河」から車で約15分で行ける「おたる水族館」。他の施設ではなかなか見られない、北海道ならではの魚たちがたくさん暮らしています。

今はコロナ禍で長距離の旅行は厳しい状況ですが、事態が終息した際にはぜひ足を運んでみてください!今回ご紹介した貼り紙も貼ってあるかもしれませんね!?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@Kawasemi8159)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事