「それぞれ」の漢字表記は複数あるけどどれを使えばいいの?

「それぞれ」の漢字表記には「其々」や「夫々」があります。
通常は平仮名表記なのですが、時には漢字で表現されることもあります。
頻度が低いため逆にどちらを使うのが正しいか分かりにくいですよね。

そこでここでは、そんな「それぞれ」の漢字表記について解説します。
また、類義語についてもご紹介します。

「それぞれ」の漢字表記と言葉の意味

まずは「それぞれ」の漢字表記と意味を見ていきましょう。

「それぞれ」の漢字表記『其々』と『夫々』

それぞれの漢字表記は「其々」もしくは「夫々」です。
どちらも指示代名詞「それ」の漢字表記から来ています。
これらはどちらも借字と呼ばれる言葉で、発音が似た漢字を当て字として使用しています。

漢字には発音などから当て字にするパターンも多いです。
特にこの方法を「仮借(かしゃ)」などと呼びます。
そのため「其」「夫」自体に深い意味はありません。

つまり、原則的にどちらを使っても同じ意味合いとなるという事になります。

なお、其れ其れや夫れ夫れと表記されることもあります。
この場合は同じ発音を繰り返す「々」は使いません。

とはいえ、通常は平仮名表記の「それぞれ」を用います。

「それぞれ」の意味

「それぞれ」という言葉には、複数の中の一人ひとりという意味があります。

借字となった「其」はもともと「箕(み)」という穀物をふるいかける道具の元となった漢字です。
これが転じて、自分から少し離れたものを指し示す語となり、一人ひとりを指す「其々」の借時になったのだとか。

「おのおの(各々)」や「めいめい(銘々)」とは意味は異なる?

ここからは似たような雰囲気のある言葉「おのおの」や「めいめい」について見ていきましょう。

「おのおの(各々)」とは

「おのおの」は、それぞれの個人を指す言葉です。
あなた方一人ひとりという意味で使われます。
特に個人を認識しつつも全体に問いかけるような感覚です。

似たような表現に「各位」「各自」「各人」などがあります。
共通しているのは複数人がいるグループの個人をあらわす点です。

もし複数人やすべてをあらわす場合は「全員」や「みんな」で表現することもあります。

「おのおの」はどちらかと言うと硬いイメージとなります。
注意や命令できる立場にある人物が使用することが多い言葉となります。

「めいめい(銘々)」とは

「めいめい」も、それぞれの個人を指す言葉です。
一人ひとりの個人という意味で用いられます。
これらは「面々」という言葉から変化したものとされます。

こちらも複数人がいるグループの個人をあらわす言葉です。
「めいめい」はどちらかと言うと柔らかいイメージとなります。

「それぞれ」は使わない方がいい場所がある?!

日本語には「忌み言葉(いみことば)」と呼ばれるものがあります。
そして「それぞれ」は、婚礼の際には使わない方がいい忌み言葉とされます。

ここからは「それぞれ」を使わない方がいい場面について見ていきましょう。

結婚に際しては使わない方がいい

「それぞれ」は「それ」の重ね言葉です。
そのため、別れて再婚することなどを連想させるとされます。

新婚夫婦にとって離婚なども当然ながら良くないことです。
そのため、婚礼などで「それぞれ」という言葉は忌み言葉とされています。

他にも婚礼で避けたい忌み言葉には「去る」「切る」「帰る」「別れる」「戻る」などがあります。
物事が終了することを指す「終わる」も忌み言葉となります。
だからこそ、結婚式や披露宴では「終了」とは言わず「お開き」と表現したりするのです。

「忌み言葉」とは

忌み言葉は、忌みはばかって使用を避けるべき言葉のことです。
つまり、TPOを考えて使用を避けるべき表現となります。

受験などで「滑る」や「落ちる」という言葉を嫌うのも同じです。
特に試験などでは「転ぶ」や「躓く」も良くない言葉とされます。
さらに博打などでも「擦る」を避けて「当たる」と言い換えたりします。

要は縁起が良くない言葉、それが忌み言葉なのです。

まとめ

「それぞれ」は、複数の中の一人ひとりを指す言葉です。
類義語には「おのおの」や「めいめい」などがあります。
いずれもグループの中の個人をあらわす表現となります。

漢字表記に「其々」や「夫々」がありますが、どちらも借字と呼ばれるものなので、どちらを使ったから意味合いが変わるといった事はありません。
むしろ、ひらがな表記「それぞれ」を用いるのが一般的となっています。

この「それぞれ」、婚礼における忌み言葉とされます。
そのため、スピーチを頼まれた際などに気を付けたい言葉となっています。

関連記事はこちら

ひとつ「ずつ」?それともひとつ「づつ」?どっちが正しいの?

テキトーな感じに用いられる「なあなあ」、その由来は歌舞伎にあり!

「所謂」の読みは「しょせん」ではなく、「いわゆる」だから気を付けて!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事