寝るために横になるのは「ベッド」?それとも「ベット」?どちらが正しいの??

「ベッドとベット、寝るために横になるのはどっちだったっけ?」と思うこと、ありますよね。
基本的には「ベッド」の方が「寝台」を言い表す言葉としては正しいですが、「ベット」が間違っているとは言い切れないのだとか!

時々迷っちゃう「ベッド」と「ベット」、どっちが正しいのか、違いは何なのか。
そして同じくよく間違えがちな「カバン」という意味での「バッグ」と「バック」についても詳しく解説します!

「ベッド」と「ベット」どちらが正しい?

夜寝る時に使う「寝台」を言い表す言葉。
基本的には、どちらが正しいのでしょうか?

「ベッド」が正しい?

「寝床」や「寝台」を言い表す言葉は、基本的には「ベッド」が正しいとされています。
これは、英単語"bed"の発音から来ているからです。

なぜよく「ベット」と間違われてしまうかと言うと、「ベッド」はカタカナで表記すると促音(つまる音「っ」)の後に濁音のある英単語だからです。
日本語の特徴として、促音の後は清音(濁点のない音)となることが多くなっているため、つい「ベット」と発音してしまうのだとか。

「ベット」が正しい?

「ベット」の方は、賭ける、賭けをするという意味の英語です。
綴りは"bet"で、主にカジノなどギャンブルの行われる場で用いられる言葉です。

調べてみると、全然違う意味であることがわかりますね!

「ベット」は正しくない・・とも言い切れない?

英語だと「賭ける」という意味になる「ベット」。
しかし、「寝床」という意味でも間違ってはいないとの説も!?

ドイツ語"bett"の意味は・・・

ドイツ語では寝床を「ベット」と言います。
そのスペルは"bett"。

という事はドイツ語を基準にすると「ベット」でも正しいという事になります。

しかも、日本にベッドが流入してきた頃、このドイツ語を由来に「ベット」とも呼ばれていたともいわれています。
そのためにややこしいことになっているのかもしれませんね。

同じようにまぎらわしい「バッグ」と「バック」はどちらが正しい?

「ベッド」「ベット」と同じく紛らわしい「バッグ」と「バック」。
「カバン」という意味で使う場合は、一体どちらが正しいのでしょうか?

「バッグ」が正解?

「カバン」を言い表す場合、正しいのは「バック」ではなく「バッグ」の方です。
これは英語でカバンや袋などを指す"bag"の発音から来ているからです。

「バック」が正解?

「バック」は英語では背中後ろなどを言い表す単語です。
"back"と綴り、「バックアップ(後ろ盾)」や「バックグラウンドミュージック(いわゆるBGM)」というように使われます。

では「バックパック」は??

カバンの一種バックパックは英語で"backpack"と書きます。
この場合、カバンを示すのは"pack"の部分。
"back"はこの場合、「背中」を示しており、背中に背負う荷物袋という意味になります。

まとめ

「寝台」を意味する言葉として混合される「ベッド」と「ベット」。
基本的には英語では「ベッド」の方が正しいですが、ドイツ語では「ベット」と言うそうです。

日本にベッドが渡ってきた頃、ドイツ語由来の「ベット」も使用されており、その影響でよく間違えられるようになったのではないかとされています。

関連記事はこちら

菓子パンの「サンライズ」と「メロンパン」、その違いは何?発祥はどこ?

「コフレ」とはどういう意味?「コスメ」との違いも解説!

「ムニエル」と「ソテー」、「ポワレ」といった料理の違いは何?「グリル」や「ロースト」との違いも解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事