【赤ちゃんたちの友情物語】ひとりぼっちだった子鹿ちゃんは、子ウサギちゃんと友達になりました!

施設に到着した子鹿の「ネリー」は、お母さんや仲間の鹿がいなくて一人ぼっちでした。
そんなネリーのもとへ子ウサギの「ポリー」がやって来ると、ふたりはすぐに友達に。

種の異なる赤ちゃんたちの温かい友情物語をご覧ください。

ネリーとポリーの出会い

友情物語の舞台は、子鹿の救助・リハビリ・野生に戻すリリース活動を行っているアメリカの野生動物保護施設「Fuzzy Fawn Wildlife」。

施設に到着した生後間もない赤ちゃんのネリーは、何らかの事情があってお母さんがいませんでした。
しかもちょうど施設にいた他の鹿たちも、すでに野生に戻る準備ができていたため一緒に過ごすことができませんでした。

出典:YouTube

  
そこで、ネリーをお世話する女性は、一人ぼっちのネリーの“相棒”として子ウサギのポリーを迎えることにしたのです。

出典:YouTube

  
ネリーと同じく、ポリーも生後間もない赤ちゃんでした。

とはいえネリーは鹿、ポリーはウサギ。
種の異なる両者が仲良くなれる保証はありません。

ふたりの友情が始まった!

しかし、ネリーはすぐにポリーに興味を示します。

出典:YouTube

  
自分も赤ちゃんの鹿のネリーですが、お母さんになったようにポリーの顔をペロペロと舐め始めたのです。
ウサギのポリーはそれを嫌がらず、ネリーのそばにぴったりとくっついていました。

そして、ふたりは仲良く一緒に横になるように。

出典:YouTube

  
これを見た女性は、新しい友情の始まりだと思ったそうです。

出典:YouTube

  
また、食事の時間もふたりは一緒。

出典:YouTube

  
この姿から、仲良しなのが伝わってきますよね。

ウサギの友達を真似っこ?

友達の影響を受けることは人間でもよくありますが、ネリーもそうなのかもしれません。

出典:YouTube

  
ポリーを真似っこしているのか、走ることよりもジャンプすることの方が多いというネリー。
目の前でポリーがジャンプすると、自分も同じようにやってみせます。

出典:YouTube

  
ある時、ネリーが小屋で元気に駆けまわっていると、ウサギのポリーは・・・

出典:YouTube

 
安全な場所に避難。
桶の中からやんちゃな友達の姿を見守っていました。

いつかは野生に戻る日が訪れるネリー(すでに戻っているかもしれません)ですが、ふたりの思い出と友情はいつまでも色褪せないと信じたいですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(Baby Deer Only Takes Naps With Her Baby Bunny | The Dodo Odd Couples)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事