ガラス製品が入っていた段ボールに書いてあった「円周率」。そこに秘められた真意が深い!!

※こちらは、2019年12月27日に公開した記事を再編集したものとなります
購入したものが自宅に届くと、開ける際に目にするのが段ボールや商品の包装紙などですよね。

今回ご紹介するのは、「円周率」が段ボールに書かれていたということでTwitterで話題となったもの。

なぜ円周率が書かれているの?と思ったら、その意味が「なるほど!」となる非常に深いものでした。

ガラス製品が入ってる段ボールに円周率・・

投稿されたのは、東京都市大学天文学研究室准教授の津村耕司(@tsumura_isas6)さん。
こちらが話題のツイートです。

出典:Twitter

 

出典:Twitter

  
段ボールにズラッと綴られた円周率。
普通にみるとオシャレなデザインのようにも受け取れますが、「それにしても、なぜ円周率?」とは多くの人が感じることだと思います。

ガラス製だけに、「おそらく割れないようにするため」という津村さんが推測されています。
円周率は割り切れないので、品物が割れないように というゲン担ぎと考察されたというわけですね。

真意は違っていたよう・・・

しかし、津村さんが後のツイートでこのように綴っています。
どうやら、段ボールに書かれていた円周率の意味はこんな意味だったようです。

なるほど!
いつまでも続きますように・・」とは、まさにその通りですね!
「割れないように」の意味にもとれるとは思いますが、ブライダル製品の箱であれば、そうした意味がしっくりきますね!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事