日常的に使用する言葉ではないため、読めそうで読めない漢字っていくつもありますよね。
「蝕ゆ」という漢字も、そのうちのひとつ。

そこで今回は、「蝕ゆ」の読み方や意味についてご紹介します。

(1)「蝕ゆ」の読み方

「蝕ゆ」という言葉、正しく読むことはできますか?
「蝕」は「日蝕(ニッショク)」や「月蝕(ゲッショク)」に使われている漢字のため、目にしたことがある方も多いはず。

ですが、「しょくゆ」とは読みません。
読み方は「食む」と近いかもしれませんね。

「蝕ゆ」の読み方の正解は、「はゆ」です。
読み方がわかったところで、意味についても調べてみましょう。
(『広辞苑』より)

(2)「蝕ゆ」の意味

「蝕ゆ」とは、「日または月が蝕する」ことを意味します。
つまり、読み方で紹介した「日蝕」や「月蝕」のことを指すのです。

「蝕」という漢字自体、虫が食うように、少しずつ端から隠れていく様子を意味します。
また、皆既日蝕や皆既月蝕になると、「蝕え尽く」と言い表すこともあるようです。
(『広辞苑』より)

(3)「蝕ゆ」とはどういう現象?

「蝕ゆ」という現象を、もう少し詳しく調べてみましょう。
まず「日蝕」は、月が太陽と地球の間に来て、太陽光線を遮る現象を指します。

そして「月蝕」は、地球が太陽と月の間に来て一直線に並び、太陽の光を遮ることで月の光る面が欠けることを指します。

同じ「蝕ゆ」でも、日蝕と月蝕では少し原理が異なるのです。
ちなみに、太陽がすべて隠れる皆既日蝕では、空が暗くなります。

月が隠れる月蝕は、欠けた部分は黒ではなく暗い赤色に見えるのです。
(『広辞苑』より)

今回は「蝕ゆ」の読み方や意味を調べてみました。
日常では使用しない言葉ですが、小説などで見かける機会があるかもしれません。

いざというときのために覚えておいてくださいね。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事