日常的に見かけないため、日本人でも読むのが難しい漢字はいくつも存在します。
「侠気」という漢字も、そのうちのひとつ。

今回は、「侠気」の読み方や意味についてご紹介します!

(1)「侠気」の読み方

「侠気」という言葉、正しく読むことはできますか?
「気」は、そのまま「き」と読めるため、「侠」という漢字さえわかれば読み方は簡単でしょう。

「侠」の読み方のヒントは、性別です。
このヒントでわかった方も多いはず。

「侠気」の読み方の正解は、「おとこぎ」です。
聞き覚えのある言葉だという方も多いのではないでしょうか?
(『広辞苑』より)

(2)「侠気」の意味

「侠気」の読み方がわかったところで、意味についても調べてみましょう。
「侠気」とは、「男らしい気質」や「男だての気質」を意味する言葉です。

ここで言う「男らしい」とは、「勇ましい」「大きく勢いがいい」「強くしっかりしている」という様子を意味します。
反対に「しとやかな性質」をもつさまは、「女気」です。
(『広辞苑』より)

(3)「侠」を使用した熟語

「おとこ」と読む「侠」ですが、音読みでは「キョウ」と読みます。
「仁侠(ニンキョウ)」「侠客(キョウカク)」といった言葉を目にしたことがある方も多いはず。

ちなみに、「弱気を助け強気を挫く気性に富むこと」を「仁侠」といい、仁侠のある人を「侠客」と言うのです。

また、女性でありながら侠気がある人を「侠女(キョウジョ)」「侠婦(キョウフ)」「女侠(おなごだて)」とも言います。

「侠」は、「キャン」とも読める漢字です。
活発で軽はずみだったり、お転婆な女性を「御侠(オキャン)」と言い表すこともできます。
(『広辞苑』より)

今回は、「侠気」の読み方や意味についてご紹介しました。
「侠」という文字自体、勇ましさや強さに満ちた意味が含まれていることが伺えます。

「侠気」を示すことで、多くの女性から人気を集めることもできるかもしれませんよ。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事