義両親からの信じられないような一言に凍りついた……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“ありえない義両親の一言エピソード”を3本、ご紹介します!

呼び方を決めている時に……

義両親の家で食事をしていたときのことです。
そのときは義兄夫婦も帰省しており、義兄夫婦の子どもがいることでより賑やかな食事会になっていました。

県外に住んでいるためあまり会えていなかったからか、緊張しながらも私に話しかけてくれていた義兄夫婦。
そんななかで「なんて呼べばいい?」と言われました。

義母や義父に対しても「ちゃんづけ」で呼んでいるため、同じように呼んでもらうように言おうとした瞬間、「おばちゃんでいいのよ」と突き放すような義母の一言。

どうやら孫に相手にされなかったために、ふてくされていたようです。
「誰が言ってんだよ」と、もう少しで言葉に出そうなくらいにイラっとしました。
(39歳/主婦)

義母からもらった手土産は……

結婚当初に義両親の家に遊びに行った際のことです。
夫は「気を遣わなくていいよ」と言いながらも、嬉しそうに一緒に手土産を選んでくれました。

到着して手土産を渡した際、少し嫌な顔をした義母の様子が気になりましたが、受け取ってくれて一安心。
いつもと変わらない食事会を楽しみました。

そして帰る時になり、「これお土産」と紙袋を渡されました。
家に帰って中身を見ると、なんと紙袋を変えただけの私が持って行った手土産が。

義母のあり得ない行動に、イラつきと涙が止まりませんでした。
(39歳/主婦)

お酒を断ると……

結婚当初、旦那さんの実家へ遊びに行った時の話です。
夜ご飯も一緒に食べることになり、義父がお酒をたしなむので、私も飲めと強制されました。

もともとアルコールが好きなわけでも強いわけでもなかったので、「今日はいいかな」と断ると、笑いながら「だったら来るな」と一言。

とても腹立たしい気持ちになりました。
(33歳/兼業主婦)

いかがでしたか?

義両親の信じられないような言動の数々……。
ありえない一言を言われた際には、夫にも話して味方になってもらうといいかもしれません。

以上、衝撃を受けた義両親からの一言でした。
次回の「ありえない義両親の一言エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事