友人や同僚など、身近な人が警察沙汰を起こして大惨事……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰になったエピソード”を3本、ご紹介します!

残った個人情報を利用して……

もう15年以上前の話になりますが、携帯電話ショップに勤めていた頃の話です。
新しくバイトで入った男の子が、警察沙汰になりました。

経験者だったその子は、順調に仕事をしていたように見えました。

ある日、不具合で来店したお客様に動作確認でメールをお店のデモ機と送受信をしていたのですが……。

なんとその残った履歴から、お客様へ個人的なお誘いのメールを執拗に送っていたのです。
断ってもしつこく送られてくるため、その男性のお客様は警察に相談したようです。

警察が連行するためお店にやってきて、上司と2人パトカーに乗せられて行きました。

当時はまだ厳重注意で終わりましたが、今だと個人情報の兼ね合いで考えられないことだなと思います。
(42歳/専業主婦/女性)

泥酔して看板を……

友人と一緒にお酒を飲んだときに、警察沙汰になりました。

普段から酒癖がそこまでよくない友人でしたが、その日は仕事のストレスがたまっているらしくて飲み方が早く、泥酔状態になってしまいました。

そして外を歩いているときに、お店のネオン型看板を蹴って壊してしまったのです。
お店の人が驚いて出てきましたが、友人は泥酔状態でまともに話もできずいきなりケンカ腰。

お店の方も怒ってしまい、警察を呼ばれてしまいました。
後日、友人は謝罪と弁償をして許してもらいました。
(37歳/会社員/男性)

大音量でドライブしたら……

免許を取りたての学生のときのお話です。
深夜にドライブをしていたら、友人がふざけて演歌を大音量で流し始めました。

そのときに、警察から追いかけられてしまったのです。
今思えば若気の至りですが、演歌を大音量で流してしまい、近隣住民の迷惑をかけてしまいました。
(24歳/会社員/女)

いかがでしたか

多くの人に迷惑をかけた事件の数々……。
謝罪や注意で許してもらえたとはいえ、当事者にはしっかり反省してほしいですね。

以上、身近で起こった事件特集でした。
次回の「警察沙汰になったエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<1本の電話から大事件に発展…>いつも通り夕飯を食べに行くと、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事