体操男子が団体総合で37年ぶり金!内村選手は悲願だった初めての団体金メダル!

CSchQVYUYAAxKPO
出典:twitter.com

日本の体操男子が、世界選手権の団体総合で37年ぶり金メダルを獲得して話題となっています!


出典:twitter.com

体操の世界選手権は28日(日本時間29日)、英国のグラスゴーで男子団体総合決勝が行われ、予選を1位で通過した日本が270・818点で、1978年のストラスブール大会以来37年ぶりの優勝を果たしました。2位には地元・英国が入り、世界選手権初のメダルを獲得。7連覇がかかっていた中国は3位に終わりました。

鉄棒で田中選手、内村選手が落下するアクシデントも…

日本は床運動でエースの内村航平選手が15・800点、白井健三選手が16・325点と高得点をマークする好スタート。続くあん馬では、萱和磨選手が15・400点をマーク。2種目を終えてライバル中国を大きくリードしました。

最終種目の鉄棒で田中佑典選手、内村航平選手が落下するアクシデントがあったものの、リードを守り抜きました。

(寄せられていた声)


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

この大会で、日本は中国の大会7連覇を阻止。来年に迫ったリオデジャネイロ五輪にも弾みがつきました。日本・体操男子の皆さん、おめでとうございます!リオ五輪も期待しています!


出典:headlines.yahoo.co.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事