【動画】皮膚がボロボロの犬を救助!治療を受けて6週間後には見違える姿に…!

main

皮膚がボロボロの犬を救助し、元の姿に回復していく様子を撮影した映像が話題となっているのでご紹介します。

場所はインド。捨てられたトラックの中で動かない一匹の野良犬。
1_R

重度の皮膚病である※疥癬(かいせん)を患い、皮膚はボロボロの状態。この画像では分かりにくいですが、犬の周囲には大量の虫が飛び回っています。※疥癬:ヒゼンダニが皮膚の最外層である角質層に寄生する。
2_R

そんな犬を救助したのが、動物保護団体「アニマルエイド」のスタッフたち。差し出す食べ物は食べるものの、生気がない状態…。
3_R
4_R

スタッフらは、犬の皮膚に薬を塗って治療を始めます。
5_R

体も洗います。
6_R

治療を開始してから数日経つと、徐々に皮膚が回復しはじめます。
7_R

治療を受けて、6週間後の姿

治療を受けてから6週間後の姿です。皮膚の状態が回復し、毛も生えて、元の姿を取り戻しました。見違えてしまいますね!
8_R

表情も明るく、元気も戻ってきました。
9_R

これ以上にないくらい皮膚がボロボロだった6週間前の状況を考えると、この回復ぶりは驚きとともに本当に喜ばしいです!助かって良かった…!「アニマルエイド」のスタッフの方々の活動にも頭が下がる思いです。

<動画はこちら>

出典:YouTube


出典:www.youtube.com


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事