切磋琢磨→きっさぶたまろ、夕刊→タモリ 等… 笑ってしまう誤読が話題に!

main
出典:twitter.com

切磋琢磨を「きっさぶたまろ」と読んでしまったり、夕刊を「タモリ」と読んでしまったり…思わず笑ってしまう誤読がTwitterで話題となっているのでご紹介します!

話題の発端となったツイートがこちら。Twitterユーザーであり、国語辞典編纂者、「三省堂国語辞典」編集委員の@IIMA_Hiroakiさんによるツイートです。


mainfae_R
出典:twitter.com

「あなたの誤読」について尋ねたところ、1日程度で約700もの貴重な証言が寄せられたとのこと。その中で、「ニヤッとしてもらえるのでは」と思った誤読をピックアップされたそうです。

例えば、切磋琢磨を「きっさぶたまろ」、HTMLを「ヒットミル」、天気予報を「天気UFO」、清水次郎長 男の涙を「しみずじろうちょうなんの涙」、ゴルゴ13を「ゴルゴB」と誤読してしまっているとのこと。これらの誤読例を見た後だからかもしれませんが、今度から切磋琢磨を「きっさぶたまろ」と読んでしまいそうです。むしろ、そっちの方が正しいのではないかという感覚も生じそうです。

ツイートは続きます。


出典:twitter.com

誰しもが、実は頻繁に誤読していると指摘されています。


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

なるほど…確かに「きっさぶたまろ」という名の喫茶店もイメージできます。

(寄せられていた声)


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

御中を「ウォンチュー」、ホーチミンを「放置民」と捉えたり…。なるほど、誤読って色々あるのですね。とはいえ、逆に発想の柔軟性を感じたりもします。皆さんにも印象に残る誤読はありますか!?


出典:twitter.com


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事