なぜこんな目に…両親に「魔女」だとされて捨てられた2歳の男の子、そして1年後の姿

main 出典:www.facebook.com


なぜこんな目にあわなければならないのか…。

両親に「魔女」だとみなされて捨てられた2歳の男の子。その姿がFacebookで公開されて世界中から大きな反響が寄せられるなど話題となっています。

場所はナイジェリア。同国では、家庭などで不幸なことが起きたり続いたりした時に、特定の人間を「魔女」などとみなし、その人間がいるから自分たちが不幸になっているんだ…という考え方が一部で存在するとか。日本にいると考えられないようなことですが、実際にそうやって何の罪もない人間が「魔女」とみなされ、虐待を受けたりする事例があるといいます。


こちらは、両親に捨てられてしまった2歳の男の子。約1年前の姿です。ナイジェリアのアクワ・イボム州で撮影されました。


出典:www.facebook.com

8ヶ月もの間、道ばたで残飯を食べたり、水を飲んだり…。必死の思いで生き延びていたようです。

そして、そんな男の子を保護したのが、アンニャ・リングレン・ロベーンさん。アフリカの子どもたちを支援する団体を立ち上げた方です。過度の栄養失調でガリガリに痩せてしまった体。心身の健康を取り戻すべく、懸命の治療を続けてきたといいます。

こちらは現在の男の子の姿。保護されてからおよそ1年後(2017年1月)の様子です。


出典:www.facebook.com

お友達と一緒に楽しそうに踊っている姿も見られます。


出典:www.facebook.com

アンニャ・リングレン・ロベーンさんらの努力により、随分と体調も回復したそうです。体型をみる限り、当初と比べて元気になっている様子がうかがえますね。


出典:www.facebook.com

アンニャ・リングレン・ロベーンさんが自身のFacebookでこうしたアフリカの実情を伝えていることで、世界中からは多くの反響や寄付が集まったといいます。

何の罪もない子どもが「魔女」とみなされて両親に虐待される、捨てられる。こんなことがあっていいわけがありません。男の子の体は回復しても心の傷は残ったままです。一歩ずつ、少しずつでも、生きる希望を持てるような暮らしが続くことを願っています。



出典:www.facebook.com / www.facebook.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加