世界初!?ミドリの祭典『パクチーフェス』に行ってきた!【6/4まで】

fd_paku_02
2017年5月31日(水)。

言わずと知れた夜の街、新宿歌舞伎町で、(おそらく)世界初である、『パクチーフェス』なるイベントが開催されると聞きつけ、パクチー好きの筆者は初夏の新宿を颯爽と駆け抜け、会場にやってまいりました!!!

fd_paku_20
そこに現れたのは、決して広くはないものの、独特の『アジア感』を放つ光景!

なんでも、とにかく全ての料理にパクチーマシマシとのことで、出店店舗の至る所に、緑がどっさり積まれ、時にははみ出しているのです。

定番から変わり種まで…様々なパクチー料理


fdpaku_21
会場に集まったパクチー料理は、トムヤムクン等の定番ものから、オムそば、串揚げ、たこ焼き等の変わり種まで…

パクチーフリークも、パクチー初心者も楽しめるラインナップになっています!

fd_paku_14
fd_paku_23
う…美味そう…

fd_paku_15
その中でも今回の目玉となるのが、この1日20食限定のTボーンステーキ

なんでも、その量500グラム越えとのことで、会場内の料理が大体500円~700円くらいのところ、お値段2,600円と、色々な意味でスケールのデカい一品です。

実食!絶品パクチー料理!

会場をぐるりと回り、目星をつけて選んだのがこの4品。

fd_paku_07
いやいや、全部ただの緑じゃん!という方の為に説明しますと、左上からパクチーモヒート、Tボーンステーキ(右上)、オムそば(左下)、ガーリックシュリンプ(右下)というラインナップ。

ではでは、目玉のTボーンステーキからいただきます!

fd_paku_05
おお…これは…

肉厚なステーキからは、“肉感”というか“獣感”がしっかり伝わってくる美味さ。更に使われているパクチーソースと、これでもかとトッピングされた生パクチーの独特の香り…

コレはまさに『クセ対クセ』。好きな人にはたまらない美味さです!(因みに私は大好きです)

fd_paku_03
続いては、ガーリックシュリンプ。

これも安定の美味さ…皮ごと焼かれた香ばしい海老にパクチーの香りが相まって、幸せそのもの…
やっぱり海老とパクチーは絶対コンビだなあ…

fd_paku_04
そして、こちらのオムそば。

こちらは、特にアジア風やきそばという感じではなく、日本人になじみ深いソース焼きそばの感じでしたが、パクチーと一緒に食べるとあら不思議…

口の中をアジアの風が通り抜けるよう(笑)やっぱりパクチー、強えな…

fd_paku_13
しかし、大穴だったのがこの『パクチーモヒート』。

パクチーモヒートといえば、今やオサレなカフェバーやエスニック料理店では、定番となっているほどのドリンク。
そりゃ合うはずだよね…と思いきや、このパクチーモヒート、とにかくアルコール度が強い(笑)

クセの塊といっても過言ではないあのパクチーをもってしても、全くその存在を感じさせないほどのアルコール度の強さ(笑)
…きっと、お店のお姉さんが利益度外視でサービスしてくれたに違いありません。

fd_paku_18
さてさていかがでしたでしょうか?定番から変わり種、さらには大穴のパクチーメニューまで楽しめるパクチーフェス、パクチーファンの方はすでにうずうずしているのではないでしょうか?

こちらのイベントは、6月4日(日)まで、新宿歌舞伎町の歌舞伎町シネシティ広場にて開催されています。
ぜひ足を運んでみて下さいね。

【パクチーフェス】

開催日程
2017年5月31日(水)〜6月4日(日)

開場時間
11時~21時

会場
新宿 歌舞伎町シネシティ広場

パクチーフェス2017 オフィシャルサイト

fd_paku_ic
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加