伊達直人かな!?閉鎖する米トイザらスで匿名客が1億円の買い物をし子どもに寄付


経営破綻し、アメリカの全店舗が閉店することになった大手玩具量販店「トイザらス」

ノースカロライナ州にあるローリー店で、タイガーマスクの伊達直人の存在を思わせる驚きの出来事が起こり、話題になっています!

匿名で1億円の買い物を寄付


それは2018年6月29日のこと。

最終営業日だったノースカロライナ州のローリー店はこの日、店を開けず、陳列棚から商品を下ろしてトラックに積み込む作業をしていたそうです。

※画像はイメージです。

そして閉店時間まで残り数時間となった頃、匿名の見知らぬ人が突然現れ、お店に残ってある100万ドル(約1億1,000万円)分のおもちゃを購入したのです!

しかもその購入したおもちゃは、助けを必要としている地元の子どもたちに寄付するよう手配までしたのだとか。

この素晴らしいニュースに、日本ではTwitterで「伊達直人かな!?」「季節外れのサンタさん?」など謎の人物を推測する声が多く寄せられました。また「かっこいい!」「素晴らしいお金の使い方だ」と絶賛の声も。

トイザらスの店員さんは誰が購入したか口外しない約束をしているそうなので、正体は不明のままですが、今回のような良いニュースがもっと世界中に増えていくといいですね。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@ToysRUs)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加