【年金情報流出問題】日本年金機構を名乗る不審な電話に注意!

001
6月1日、日本年金機構が年金加入者情報の流出を発表しました。それを受けて懸念されていた「なりすまし」が疑われるケースが早くも表面化。警視庁は6月2日、年金機構の職員を名乗る不審な電話が2件あったことを明らかにしています。


日本年金機構から加入者に電話をかけることはない

警視庁麻布署によると、2日午後2時頃、東京都港区の高齢女性宅2軒に機構職員を名乗る男から電話があり、男は「家族構成の確認をします」「年代別の調査をしています」などと話していたとのこと。いずれも女性が「本当に年金機構の職員か」などと尋ねると電話を切ったようです。警察庁では「日本年金機構から加入者に電話をかけることはなく(情報が流出した加入者には日本年金機構から文書で通知)、現金の振り込みを要求されることもない」と注意を促しています。


警視庁犯罪抑止対策本部は、Twitterで注意を呼びかけ




不審な電話があった場合、専用電話窓口へ

日本年金機構は不審な電話があった場合、専用電話窓口に電話するよう呼びかけています(本人確認できれば流出したかどうかを回答)。
■専用フリーダイヤル:0120‐818211 (受付時間)8:30~21:00(平日及び土日)。

詳しくは日本年金機構「日本年金機構の個人情報の流出について」をご確認ください。


出典:headlines.yahoo.co.jp

001
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加