お笑いタレント初の快挙!ピース・又吉直樹「火花」が芥川賞受賞!

main 出典:twitter.com

日本文学振興会は16日夜、第153回芥川賞・直木賞の選考結果を発表しました。芥川賞にお笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんの「火花」と、羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」が選ばれ、直木賞には東山彰良さんの「流」が選出。

又吉さんの芥川賞受賞はお笑いタレント初の快挙となりました!

出典:twitter.com






出典:twitter.com

お笑いタレントの受賞は、長い同賞の歴史の中でも史上初の快挙(芸能人では過去に、ミュージシャン・辻仁成が「海峡の光」で、同じく町田康が「きれぎれで同賞を受賞)。

小説「火花」は、売れない芸人と先輩の交流を通して、人間や才能というものに対する葛藤を描いた作品。選考委員の山田詠美さんは、又吉さんの受賞理由を「最初の投票の時点で、又吉さんが最も高い得票だった。読むと、どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。主人公と先輩の間の、まさに火花が散るような関係が良く書けている」と講評したそうです。

原点は太宰治と芥川龍之介

又吉さんが読書好きになった原点は、太宰治と芥川龍之介だったといいます。太宰治の「人間失格」を読んで、又吉さんは「まるで自分のことだと思った」と過去に話していました。会見の席で、「今回の受賞について、芥川さんは何と言っていると思いますか?」との記者の質問に対して、「(芥川龍之介は)僕みたいな髪のやつは嫌いだと思うんで…」などと話して笑いをさそっていました。

受賞に対して寄せられていたコメント

志茂田景樹さんもコメント

出典:twitter.com

芸人仲間たちからも





出典:twitter.com

出典:twitter.com

ファンからも驚きと喜びの声が多数





出典:twitter.com

出典:twitter.com

今回、お笑いタレントとしての初受賞で大きな注目を集めた又吉さん。会見の席では「注目してもらうことは、芸人にとってありがたいこと」「これまで死神と言われていたけど、それがちょっと(周りの目が)変わった」などと話していました。

お笑いも小説も全力投球の又吉さんの姿がこれからも見れそうですね!又吉さん、芥川賞受賞おめでとうございます!

出典:headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加