あまり知られていない?10月から始まる「マイナンバー制度」の注意点

main2 出典:www.town.otsuchi.iwate.jp

10月から始まるマイナンバー制度。その制度に関連して「あまり知られていないことだと思うんだけど…」という書き出しで始まるツイートが話題となっているのでご紹介します。


出典:twitter.com

マイナンバーの通知は住民票上の住所に届くため、DV被害等で住民票を移してないけど別居している夫婦の場合、DVの加害者の下に届いてしまいます…と注意を喚起しています。

確かにこうした状況の方にとっては特に覚えておきたい情報ですね。ただ、住民票を異動することが状況的に難しいという方もいるかと思います。その場合の対策については、総務省のオフィシャルホームページに記載がありました。


(以下、総務省のオフィシャルホームページより引用)

やむを得ない理由により住民票の住所地で「通知カード」を受け取れない方は、居所に送付することも可能です。居所情報の登録をお願いします。

(やむを得ない理由)
・東日本大震災による被災者
・ドメスティック・バイオレンス(DV)、ストーカー行為等、児童虐待等の被害者(以下「DV等被害者」といいます)の方で、住民票を残して、別の場所(居所)にお住まいの方
・長期間にわたって医療機関・施設等に入院・入所することが見込まれ、かつ、入院・入所期間中は住所地に誰も居住していない方

などについては、住民票の住所地では通知カードを受け取ることができないこと、また、住民票の住所地に送付された通知カードをDV等の加害者が受け取ってしまうことも想定されます。

住民票の住所地と異なる場所(居所)にお住まいの方は、居所に生活の本拠がある場合にはそこに住民票を異動していただくことが基本ですが、上記のような方については、現在お住まいの場所(居所)をご登録いただければ、そこに通知カードを送付することも可能ですので、該当する方は居所情報の登録申請をお願いします。

(以上、引用)


居所情報を登録すれば、住民票の異動をせずとも、現在住んでいる場所に通知カードが送られるようです。

ちなみに、総務省のオフィシャルホームページには、「平成27年8月24日(月)から9月25日(金)までに(持参又は必着)、申請書を住民票のある市区町村に持参又は郵送してください(政令指定都市に住民票がある方は、区役所に持参又は郵送してください」との記述がありました。手続きを希望される方はこの期間での対応が必要とのことです。

詳細は、総務省のオフィシャルホームページでご確認ください。


制度に対して不安を示すツイートは他にも…


出典:twitter.com

(「個人番号カード」の見本)
03bango_omote_R 04bango_ura_R 出典:www.town.otsuchi.iwate.jp

出典:twitter.com


以上のツイートに対して寄せられていた声


出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


マイナンバー制度を不安視する声を中心として、さまざまな声が飛び交っています。みなさんはどう思われますか?




出典:twitter.com / www.soumu.go.jp

main2
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加