建設現場の作業員が、白血病と闘う女の子にメッセージ…その意外な方法とは?

main
白血病と闘う女の子。その女の子を勇気づけるメッセージが“意外な方法”で送られて話題となっているのでご紹介します。


白血病と闘っているのは、2歳半のビビアンちゃん。ビビアンちゃんは感染予防のため、部屋を出ることはできません。そんなビビアンちゃんの毎日の楽しみは、病院の窓から見える建設現場の作業員達に向かって手を振ること。毎朝起きると窓の外に向かって手を振っているそうです。建設現場の誰かが手を振りかえしてくれるまで、ずっと手を振っているそうです。


WS000002_R WS000000_R
とある日、建設現場の作業員が「ここを見てごらん」と言わんばかりに建設中の鉄骨を指さしていたそうです。そこには、こんなメッセージが書かれていました。

WS000006_R

Get well soon.
早くよくなりますように。


ビビアンちゃんのことを思い、病室からでも見えるように書かれたメッセージ。この言葉が、どれだけビビアンちゃんとご家族を勇気づけたことでしょう。


この方がメッセージを書いたグレッグさん。
WS000003_R
この件はメディアに取り上げられ、テレビ番組のレポーターがグレッグさんに「どんな気持ちでこのメッセージを書いたのですか?」と質問したそうです。グレッグさんはこう答えます。

自分の子どものこととか、命の大切さだとか、うまく言葉で言い表せないけれども、そういうこと全部だよ。


このように答えながらグレッグさんは感極まって涙ぐんでいたそうです。


また、ビビアンちゃんとそのご家族とグレッグさんは対面を果たしました。
WS000007_R
いつも窓の外で見ていた建設現場のおじさん達が目の前に…。ビビアンちゃんにとっては、かけがえのない時間だったに違いありません。

見ず知らずの女の子、どんな病気かも分からないけれども、病院の窓から毎日手を振ってくれる女の子。そんな気持ちを汲み取り、なんとか励ましたいと思い、鉄骨にメッセージを書くという方法でエールを送ったグレッグさん。ビビアンちゃんにとってはヒーローのような存在なのかもしれませんね!

WS000005_R

<動画はこちら>

出典:YouTube


出典:www.youtube.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加