「親友だからです」佐々木氏、清原被告初公判出廷 仲間達と彼を支えたい

main 出典:cbtah.blog.fc2.com

「友達だから。親友だからです」

日米の野球界で活躍し、現在は野球評論家として活動する元横浜ベイスターズ(現・横浜DeNAベイスターズ)の佐々木主浩氏が、清原被告の初公判に出廷して話題となっています。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

覚せい剤取締法違反の罪に問われている元プロ野球選手・清原和博被告(48)の初公判(検察側は同被告に懲役二年六月を求刑)が5月17日、東京地裁で開かれ、清原被告と親交が深い佐々木主浩氏(48)が弁護側の情状証人として出廷しました。

佐々木氏は、「同学年の野球選手たちの同窓会を作ったとき、清原選手が会長になった。彼が会長ならまとまるから」「優しくて非常に気がきく」などとその人柄を説明。「もっとそばにいて相談に乗りたかった」「彼と相談して、ボランティアなどで再スタートに貢献したい」と、社会復帰を支える考えを示しました。

佐々木氏の証言を聞きながら、清原被告は何度も涙をぬぐい、佐々木氏が退廷する際には、被告人席から立ち上がって握手を求め、佐々木氏もこれに応じていたといいます。


公判の最初から最後まで、清原被告の姿を見届けた

佐々木氏は、自身が証言する時間だけではなく、公判の最初から最後まで清原被告の姿を見届けたそうです。「彼のすべてを知って、これからどうしたらいいかという部分でみんなと相談することもあるので」と、覚せい剤に手を出すに至った経緯を聞き、「先輩とか後輩も同級生もいるので、そういう仲間たちと一生懸命、彼を支えていきたいです」。と話していました。


高校時代から親交のあった2人。プロ入り後も友情は変わらず、2005年に引退を決めた佐々木氏は、最後の打者に清原被告を指名。空振り三振を奪った後は、号泣しながら抱き合いました。
4babe18e_R 出典:blog.livedoor.jp
sub_R 出典:blogs.yahoo.co.jp


(この件に対して寄せられていた声)

・たくさんの人に支えられてのスーパースターだったことをわかってほしい。今ならまだ戻れる。

・これでクスリに負けたら本当に終わりだ。頑張ってほしい。

・普通避けたがるだろうによく証言したな…佐々木さんは本当に男だね!

・覚醒剤は、再発しやすい、佐々木さんを男にするために、血と涙で、薬から縁を切りましょう。

・いくら親友がいても、こればかりは自分との戦いやから、余程根性据えないと再犯の誘惑に勝てんよ。

・この涙は嘘じゃないだろうが、それでも繰り返すのが、覚せい剤の怖さ。そして、今回手を差し伸べてくれた佐々木や親、親類、地元の方々と、桑田や自分を貶めた、裏切ったと勝手に感じてる人を比べたり、あいつだけは許さん…とか、まだ思っているのなら、更生は厳しいだろう。誰かのせいじゃない。全ては自分。悪いのは全部自分、と受け止められるかどうか。

・いつまで今の気持ちを持ち続けてられるかだ。でもきっと、どこかで気持ちが緩むはず。人間ってのはそういうもんだ。1人じゃ、乗り越えるのはまず不可能だろう。いい友人がいて、本当によかったな。

・子供の頃に西武球場で応援歌を一生懸命歌ったのを思い出した。「光輝く大空高く、燃える男だ!チャンスに強いぞ清原」。本当に悲しい。

・佐々木さんを裏切るような事はするなよ!たのむぞ!清原!


佐々木氏は、今後の清原被告の社会復帰サポートについて「今度ゆっくり2人で話し合いたい。彼の顔を見て話したい」「早く笑顔の清原に戻ってほしい。野球をやっている清原というか、野球に携わっている姿が見たいので。ユニホームを着ている姿が見たい」と話していたそうです。

佐々木氏は、証人として出廷した理由を「親友だから」と即答していました。そんな佐々木氏の言葉の一つひとつが、清原被告の心に響いたはずです。



出典:headlines.yahoo.co.jp / headlines.yahoo.co.jp

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加