「次男の交際相手が気に入らない」親からの投書に対する高橋源一郎の回答が話題

mainmain 出典:twitter.com

「次男の交際相手が気に入らない。結婚は許せません」という親からの投書に対する高橋源一郎さんの回答が話題となっているのでご紹介します。


高橋源一郎さんといえば、作家としてはもちろん、テレビ番組などさまざまなメディアに出演されるなど、幅広い分野で活躍されています。そんな高橋さんがどのような回答をしたのでしょうか。

20160328203647fc6_R 出典:mmtdayon.blog.fc2.com

こちらがその投書を取り上げているツイートです。

1_R 2_R 3_R 出典:twitter.com


(以下、投書及び高橋さんの回答:原文そのまま)

29歳次男の交際相手に夫婦で納得できず悩んでいます。相手は27歳で遠距離交際が3、4年続き、そのうち熱が冷めると思っていたら「結婚を認めて」とあいさつに来ました。相手の服装や第一印象が悪く、将来子どもに宿題を教えられるのかも疑問です。子に忠告するのは親の役目だと思っています。私たちが認めれば誰も苦しまないのですが、どうしても彼女との結婚は許せません。



この相談に対する高橋さんの回答が以下になります。

正直に申し上げて、何が問題なのか私には分かりませんでした。憲法24条には「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し」と書いてあります。ご次男とその女性が結婚したいと思っていらっしゃるなら、それを止める権利は誰にもない、ということです。こうした婚姻の条件は大日本国憲法にはありませんでした。家長の意向を拒否することは難しかったのですね。

ご次男の結婚を「認められない」?「許せない」?その「上から目線」のことばづかいが、そもそもわたしにはまったく理解不能です。あなた方は、ご次男を自分の所有物だと思っているのですか?ご次男は、独立した人格をもった大人なので、そもそも、あなた方に「認めてください」という必要もないのです。なのに、子としての礼を尽くして、わざわざ、そうおっしゃった。立派な方だ。それにいちゃもんをつけるなんて、非礼なのは、あなたたちの方でしょう。

百歩譲って、その女性が、どうしても気に食わないということは事実だとしましょう。その場合、親というものは、「この女性の良さが、私にはどうしても分からない。けれども、息子が好きになったぐらいだから、私には分からない良さがあるのだろう。なんとか頑張って理解してみよう」と思うものじゃないでしょうか。

人生のめでたい門出にあたって、理不尽なケチをつけられているご次男たちが気の毒です。



憲法の観点から意見を述べつつ、「所有物」というワードを用いながら、次男は人格をもった大人であり、非は両親にあるとしています。この投書と高橋さんの回答に対しては、さまざまな声が寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


確かに、挨拶に連れてきた相手の情報など投書の内容が不足していることが、両親を非とする高橋さんの回答につながっている可能性もあるかと思います。相談の回答としては不十分だという意見も見られますね。

結婚に伴い親子間に生じる問題…。各家庭によりさまざまあるかと思いますが、親子双方が納得のいく形で解決できればよいですね。



出典:twitter.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加