寄付だけでなく2つの具体策を提案した本田圭佑の行動に称賛の声 イタリア中部地震

main 出典:www.instagram.com


イタリア中部で発生した地震により甚大な被害が発生している中、いち早く行動を起こした本田圭佑選手に称賛の声が集まるなど話題となっています。

イタリア・セリエAのACミランに所属する日本代表FW本田圭佑選手は、24日にイタリア中部で起きた大地震を受け、約230万円の寄付をしたことを自身のインスタグラムで明かしました。

出典:www.instagram.com


被害減少に向けた2つの方向性を提案

「イタリア中部でマグニチュード6.2の巨大地震により、現在の情報では少なくとも247名が亡くなり、負傷者が数百名にもなるという最悪な状況です」と、被害状況に関する情報を発信した本田選手は、「無力ではありますが、人として心を痛めてるのと現場の人達に頑張ってほしいという想いだけは持っています。少しでも気持ちを届けたいという想いでイタリア赤十字に20,000ユーロ寄付させてもらいます」と報告しました。

さらに、「今後こうした被害を減らしていくために2つのことを伝えたい」とし、以下の内容を提案します。


1.日本の技術の導入
我々の国、日本も地震が多い国です。建物はそれに対応するために、とても頑丈です。日本の技術を導入してはどうでしょうか?

2、地震予期装置の発明
地震を予期できる装置を発明するべきです。そのために、世界にいる最高のエンジニア達を集めたいと考えています。


また、これらの提案を実現するために、このように専門家に協力を呼びかけています。

長年解明できていない地震について、研究を続けている世界のエンジニアの方々、もしくは関係者の方々は、コンタクトをしてきてください。全力でサポートさせて頂きます。



こうした本田選手の行動に対して、イタリアの人々からの感謝の声などが寄せられていました。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com

出典:twitter.com


本田選手はピッチの上だけでなく、ピッチ外の活動も一流です。サッカー選手である前に、人間としての模範ともなるような選手だと思います。



出典:www.instagram.com

main
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加