わかりやすい…「鬱は甘え、気合いで働け」といってくる人が納得した”ある例え話”が秀逸


鬱で苦しんでいる人に対して、「鬱は甘え、気合いで働け」という言葉を投げかける人がいる、というのはよく聞く話ですよね。

ある日、Twitterユーザーのベニガシラ(@poppoyakiya)さんは、そんな人に対して“ある例え話”をしたところ、スムーズに納得してくれたのだとか。

その”ある例え話”とは…

わかりやすい…「鬱は甘え、気合いで働け」といってくる人にした例え話


なるほど!これはわかりやすい!

鬱で休んでいる人のことを“タイヤがパンクした車”に例え、動かせないことなないけれど無理に動かすとおかしな動きになる、更に動かし続けるとどんどん別の重要な部分も壊れていってしまう…という、多くの人が理解しやすい話になっています。

因みにベニガシラさんは、追記でこんなことも言っています。


なるほど。
なかなか理解を示してくれない相手は、「理解したくない」わけでも「否定したい」わけでもなく「無知」なことが多いのか…。
だから、相手の知っていることになぞらえて話せば、納得してくれるんですね。

この投稿に集まったコメント

この投稿には、

「分かりやすい!!!!!」
「すごく分かります…」
「ほんとにバグっちゃうんですよね。自分でもわからないくらいに。」


等々、たくさんのコメントが寄せられました。

いかがでしたでしょうか?「鬱は甘え、気合いで働け」といってくる人にした例え話、とても分かりやすいですよね。自分自身も、この先何かの機会で周りから理解を得られなかった時に、こういった身近な例えで説明できたらな…と思うと同時に、自分の「無知」で他人の事情を跳ねのけたりしていないか省みたいな、と思いました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:twitter(@poppoyakiya) / twitter(@poppoyakiya)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加