フレディ・マーキュリーが残した楽曲に日本語の歌詞が…「あの歌声で歌われたら涙しか出てこない」


「あの歌声で日本語の歌詞を歌われたら涙しか出てこない」

ロックバンド「クイーン」のボーカルであり、親日家としても知られるフレディ・マーキュリーさんが残した楽曲に、日本語の歌詞があることをご存知でしょうか。

11月9日より、クイーンの結成から全盛期までを再現した映画「ボヘミアン・ラプソディ」が全国で一斉に公開されています。それを機に、改めてクイーンと日本との深い関係に注目が集まっており、日本語歌詞の存在もSNSなどを通じてクローズアップされています。

楽曲とは、1976年に発売したアルバム「華麗なるレース」の締めの楽曲として収録され、1977年に日本国内限定でシングルとしてリリースされた「手をとりあって- Teo Torriatte」。

こちらがその楽曲です。日本語歌詞は2:00頃~始まります。

動画はこちら


(日本語の歌詞)

手を取り合って このまま行こう 
愛する人よ 
静かな宵に 
光を灯し 
愛しき 教えを抱き


この素敵な歌声で日本語歌詞を歌われたら、たまりませんね。フレディさんの日本への想いも存分に感じとることができます。

フレディさんは親日家で、日本の骨董品や美術品などにもとても興味を持っていて、来日する度にそれらを購入して持ち帰っていたといいます。

(寄せられていた声)





素敵な歌詞とメロディに心を打たれます。まだ聴いたことがないという方は、ぜひ聴いてみてください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:amazon / Twitter(クイーン 日本語 歌詞) / YouTube(Queen – Teo Torriatte (Let Us Cling Together) – (Official Lyric Video))

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加