ポケベルや駅の伝言板、プリクラまで…!蘇るあの頃の『平成恋愛あるある』がおもしろい

出典:YouTube

携帯電話をまだほとんどの人が持っていなかった平成初期。

好きな人のお家に電話をするときはいつも「親が出たら嫌だな~」とドキドキした人も多かったのではないでしょうか。

そんな懐かしすぎる1989年から、平成最後を迎える2019年の『平成恋愛あるある』を再現した動画が公開されたので、まとめてみました!

<平成初期>ギャンブルテレフォン


出典:YouTube

今となってはもう味わえないあの新鮮なドキドキ感(笑)お家に電話がかかってくる彼女も、親より先にと必死でした。

<平成初期>駅で見つけた待ち合わせポエム


出典:YouTube
出典:YouTube

あぁ~、そういえば昔は駅に伝言板がありましたね~。「XYZ」の文字とか書かれてあったり…(笑)

<平成初期>ダブルおしゃれ番長


出典:YouTube

ペアルックは、もはや注目の的だよね。

<平成初期>ポケベルの解読ラブレター


出典:YouTube

当時は公衆電話から暗号を送る人が多かったですね。ちなみに私はポケベルを持っていなかったので、今でも解読できません(笑)

<平成中期>チョベリグ軍団


出典:YouTube

「コギャル」や「ガングロギャル」と呼ばれた人たちが渋谷にたくさんいましたね~。恋愛より友情が大事な時代だった!?

<平成中期>希望と絶望の無限ループ


出典:YouTube
出典:YouTube

平成中期からガラケーの携帯電話を多くの人が持つようになりましたね。返事が来ていないと分かっていながら、何度も「センター問い合わせ」を押してたなぁ(笑)

<平成中期>封印されし彼氏


出典:YouTube

2000年に入ったばかりの頃かな!?この頃はプリクラがめちゃくちゃ流行りましたね。プリ帳を作ったりする中で、好きな人と撮ったプリクラは携帯電話の電池パックに貼ったりしていました。

<平成後期>奇跡の一枚ハンター


出典:YouTube
出典:YouTube

そしてこれはまさに今ですね。スマホのアプリを使って可愛く盛ったり、自撮り棒を使ったりして楽しそう(笑)

いかがでしたか?こうやって平成の30年間を振り返ってみると、ポケベルや携帯電話が普及されてから、好きな人とのコミュニケーション方法がかなり変化してきましたね。いやぁ、面白いな!

そして平成も残り約半年ほど。あっという間の30年間でしたが、楽しい時代だったなとしみじみ感じてしまいますね。

最後に、今回ご紹介した『平成恋愛あるある』を動画でご覧ください!

動画はこちら



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:YouTube(平成恋愛図鑑 [1989-2019] │プラズマ乳酸菌 iMUSE #平成恋愛あるある)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加