目の錯覚か!?20秒ほど見続けると、徐々に色が消えていく絵が不思議…最後は真っ白に


「目の錯覚か!?」「一体どうなっているの?」

20秒ほど見続けると、徐々に色が消えていくという不思議な絵をご紹介します。絵を投稿したのは、TwitterユーザーのMassimo@Rainmaker1973さん。

こちらがその絵です。「私たちの視覚体系は、絶えず全ての外部刺激に適応しようとしているため、この絵をみつめていると、ゆっくりと消えていきます」とコメントが添えられています。 試しに20秒程度見続けてみてください。


いかがでしたでしょうか?見ているうちに色が消えていき、真っ白に見えた方はいるでしょうか?ちなみに筆者は、部分的に色が消えていくものの、真っ白には見えませんでした…。

トロクスラー効果と呼ばれる現象

この現象は、一点を集中的に見ていると周りにあるものが見えなくなる「トロクスラー効果」と呼ばれている現象だそうで、脳が変化のない刺激に対してフォーカスしなくなってしまう(認識できなくなる)とのこと。

寄せられていた声の中には、「最初から変わらない」という声もあれば、「1点をみつめるようにすると、確かに色が消えていった」「最初は変わらなかったけど、目を近づけてみたら真っ白になった」などの声も寄せられていました。

皆さんはどのように見えたでしょうか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:metro / Twitter(@Rainmaker1973)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加