まるでファミコンのBGM!5台の電卓で『残酷な天使のテーゼ』を演奏する動画がスゴイ


シン・エヴァンゲリオン劇場版は2020年公開へ向けて、第4作目が制作されていますね。

そんな中、テレビ版エヴァンゲリオンのオープニングテーマ『残酷な天使のテーゼ』をなんと電卓で演奏した方が現れました!

Twitterユーザーでもある、あたりめ(@atarime__400)さんは、5台の電卓を巧みに使って音楽を奏でています。


Twitterでの反応は…


ですよね。電卓といえば、カチャカチャとボタンを叩く音しか記憶にありません。

音の出る電卓があるのもよく知りませんでしたけど、動画を見ると音階があって、和音も作り出している感じなんですよね。

音色は懐かしのゲーム機、ファミコンを思い出させる赴きでゲームのBGMみたいです。

イントロ部

出典:YouTube

♪ざ~んこ~くな…で始まるイントロ部は、まだゆっくりとした手の動きです。片手で済む箇所も多いですね。

続き

出典:YouTube

Aメロ、Bメロといった部分で広い音階を必要としている様子ですが、よく見ると5台の電卓は両端の2台が別物で、二種類に分かれています。何種類も和音を作ったりできるのはここがポイントなのでしょうか。

サビ、その周辺

出典:YouTube

曲のテンポが速くなるにつれて、忙しく演奏する様になってきました。どのボタンがどの音階か、一体どうやって区別しているのか?

やはり実際に聞いてみないと良さは伝わらないと思いますので、動画で確かめてみましょう。

動画はこちら



演奏を聴いた人たちの声


動画をアップロードした日付の様ですね。たしかに芸が細かい!


今、新しい楽器が生まれたのかもしれません。(笑)

元々、あたりめさんはピアノを演奏される方らしいです。ピアノが弾けるだけでも大したものだと思いますが、その技術や音楽の知識がさらに活かされた演奏だったんでしょうか。スゴイとしか言い様がありません。

あたりめさんのYouTubeチャンネルには、電卓で演奏する動画などが他にもアップされていますから、気になる方はチェックしてみてくださいね。

あたりめさんのYouTubeチャンネルはこちら


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@atarime__400) / YouTube(あたりめ)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加