それでもあなたは保健所に連れて行きますか?動物の命の大切さを訴えるポスターが話題に


昔から、捨て犬や捨て猫などの行為は後を絶ちませんが、最終的に保健所へ連れられて行く動物たちも多いかと思います。

そうした現状に問題を感じているTwitterユーザー、愛娘らっきー(@manamusume2009)さんが見つけたあるポスターが話題になっており、今回紹介させていただきます。


「安楽死なんかありません」


印象的なフレーズと共に、ペットの不妊手術の必要性や、遺棄の問題を訴えていますね。このポスターを目にしたことで、胸が詰まる思いになってしまった方も多いのではないでしょうか。

Twitterでの反応は…


その様な取り組みがあるとは知りませんでした。完全にまで殺処分を無くそうとするとは、強い意気込みを感じます。


このお母さんみたいに、辛い想い出を抱えておられる方も他にきっといるのでしょうね。。


購買意欲を刺激する賑やかなCMは多いですが、別の方向性を持ったCMがあっても確かにいいかもしれないですね。


犬や猫をはじめとする、動物の大量遺棄事件の背景には繁殖業者の存在が大きいとも耳にします。

ビジネスとして行動する人たちには、ポスターの訴えかける様な切実なメッセージは届き難いかもしれませんね…。

それでも、一般の飼い主が不妊手術をする事に十分な意味はあるでしょうし、動物を飼育する行為に、最後まで責任を持つ人が増えてほしいと思いました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@manamusume2009)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加