酔っ払いはたどり着けない!?居酒屋が入っているビルの階段がエッシャーの「無限階段」ような作りで困惑

2019.5.9


現実的に見えていながら、非現実的な印象を与える不思議な光景…
だまし絵で有名なオランダの画家、マウリッツ・エッシャーが描いた絵は、現在でも世界中の多くの人々の目を錯覚させています。

そんなエッシャーの作品みたいな光景が新潟県に存在していました。


こちらはTwitterユーザーのしまさお(@flipperssnow101)さんが新潟駅近くのビルで撮影した写真。

たしかに階段の作りがなんとも複雑で、まるでエッシャーが描いた「無限階段」のようですね。

ちなみにこの階段、どうやら2階に行くには奥の階段を使うのが正解らしく、手前の階段を使うと3階へ行ってしまうようです。


そしてさらにこんな光景も。


…うーんと、もはや階段がどこに向かっているのかわからなくなってきました。酔っ払っていたら高確率でたどり着けそうにないですね(笑)

投稿に寄せられた声


なるほど、増築を繰り返した結果の可能性もありますね。しかしとても不思議な作りのビルです。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@flipperssnow101)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加