夫婦愛にほっこり!「“希少かつお高いピーナツバター”が地元で安く買えるまで」を描いた漫画が話題に

皆さんにも、こだわりが特に強い食べ物や日用品などはありますか?

漫画家の小坂俊史(@kosaka_s)さんの奥さんは、ピーナツバターへの思い入れが強いそうです。彼女が気に入っている“希少かつお高いピーナツバター”が、地元で安く買えるまでの日々を描いた作品が話題となっています。

ついに、大好きな銘柄のピーナツバターが地元で安く買えるように!旦那さんの協力を得ながら、地道な努力を続けた日々が報われました。

引っ越しで生活環境が大きく変わってしまった奥さんを、温かく見守る旦那さんは優しいですね。ご夫婦のやり取りを見ていると、ほっこりした気持ちになりました。

Twitterには、このエピソードに共感した方々の声がたくさん寄せられています。

自らの働きかけで商品入荷が実現すれば、今回の作品のように達成感が得られそうですね。そして、珍しい商品を求める人々は意外に多いのかも?

漫画に美味しそうな食べ物が出てくると、自分も食べたくなりますよね~。

漫画家・小坂俊史さんの単行本最新刊、『新婚よそじのメシ事情 2』は絶賛発売中です!最新刊には今回のお話も収録。興味のある方は、この機会にお買い求めになってはいかがでしょうか?

『新婚よそじのメシ事情 2』- Amazon販売ページ

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kosaka_s)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事