【注意喚起】最近はハガキだけではなく「封書」で届くことも…地方裁判所の名前を使用した詐欺に要注意!

最近はハガキだけではなく「封書」で届くことも… 地方裁判所の名前を使用した詐欺が発生しているとのこと。警視庁犯罪抑止対策本部の公式ツイッターアカウントが呼びかけています!

身に覚えがなければ警察へ通報を!

詐欺の手口はこれでもかと言わんばかりに、次々に新しい手口が出てきますよね。今回、警視庁犯罪抑止対策本部が注意喚起しているのは、地方裁判所の名前で「提訴の告知」と書いた封書を送りつける詐欺。

このような封書が届くようです。

一瞬、ぎょっとしてしまう「提訴の告知」というタイトル。住所が本物だったり、本物らしく装う小細工が各所に施されているようです…。これは一瞬だまされそうになりますね…。

実際に送られてくる封書も画像で表示されています。本物であれば「特別送達」と記載されており、ポストへの投函ではなく配達人から直接手渡されるとのこと。これはよくチェックしておいた方がよさそうです。

寄せられていた声

ツイートを確認された方々も、各所におかしい部分があることに気づいたようですね…。

自分の身は自分で守る!

SNSの存在により、今ではこうして注意喚起をしてくれることも多くなりましたが、新手の詐欺は次から次へと出てきます。結局のところは、自分の身は自分で守ることは重要だと思います!

心あたりがないものに関しては、記載の電話番号に電話してしまったりしないように、一呼吸置いて「待てよ… これはちょっとして詐欺じゃないの?」と立ち止まる習慣をつけておくことも大切ですね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@MPD_yokushi)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事