CGには出せない幻想的な世界観!雨の中レンズが壊れても撮った、ニューヨークのネオン街の写真が美しい


ニューヨークのネオン街といえば、よく映画の舞台として出てきたり何かと華やかなイメージがありますよね。いつか行ってみたいという方も多いと思います。

最近、フォトグラファーのたんたん(@_tantan_1997)さんが雨の降るニューヨークのネオン街を写真に収めて投稿し、大きな話題となっていました!

雨が降るニューヨークのネオン街の美しさ

たんたんさんは、撮影中の雨の影響を受け、カメラのレンズを壊してしまったそうです。高価な犠牲を出してしまっただけの甲斐はある、美しい写真の数々をぜひご覧ください。




レンズに付いた多くの水滴がネオンの光を反射させ、写真に不思議な雰囲気を与えていますね。中心から外側に向かうにつれ、丸く歪んだ構図も面白いと思います。

写真の美しさを称賛する声


神秘的、きれいといった写真の美しさを称賛する声が、Twitterには多数寄せられていました!


CGにはCGの良さがあるとしても、レンズが壊れてしまうようなハプニングまでは再現できないですよね。

たとえ不便でも、雨が降っている現実の光景を味わう楽しみ、物理的な苦労や面白さはこれからも愛され続けるのではないかと思いました。

素敵な写真は他にも多数

フォトグラファーであるたんたんさんは、他にも雨の日のニューヨークを含めた数多くの写真を公開されています!興味のある方はTwitterアカウントの方もご覧になってみてくださいね。

たんたん(@_tantan_1997)- Twitterアカウント


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@_tantan_1997)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加