右でも左でも両利きでもない...自分の利き手がわからなかった話が興味深い!

漫画家の理央@セブ恋①5/16発売(@br_sss921)さんは、「左右両方使うと言っても両方で書けるわけではないから両利きではないし…」と、長年自分の利き手について疑問を抱いていたとのこと。そんなこれまでの“もやもや”と辿り着いた答えを描いたイラスト漫画がTwitterで注目を集めているのでご紹介します。

クロスドミナンスだったのか...長年のもやもやが無事解決!

理央@セブ恋①5/16発売がTwitterに投稿したイラスト漫画がこちら。

確かにこれはどう答えていいか困ってしまうのも納得です。

用途によって利き手が異なることに「クロスドミナンス」という名前があるとは!謎めいた響きにカッコよを感じるのですが、日本語では「交差利き」「分け利き」という言い方がされるそうです。

遺伝の他、左手利きから右利きに矯正したことがきっかけになったり、左利きの人が右利き用に設計されたものを右手で頑張って使ううちにいつの間にか、など原因は色々考えられるのだとか。

クロスドミナンスあるあるが興味深い!

理央@セブ恋①5/16発売さんが挙げている“個人的クロスドミナンスあるある”がこちら。

使い慣れていないものを使う時には悩んだ末に両方で試して決める...片手利きには経験できない悩みで興味深いですね。また、右手でご飯を食べながら左手で漫画を描くことがでるなんて、片手利きからすると「なんて効率的!!」と羨ましく思ってしまいます。

この投稿に、同じくクロスドミナンスの方からの共感の声や「自分の疑問がやっと解けました!」といったコメントが多数届いています。

今回投稿をご紹介させて頂いた漫画家の理央@セブ恋①5/16発売さんですが、「ゲームキャラたちの舞台裏」がテーマの漫画を描かれているそうですので、ぜひそちらもチェックしてみて下さい。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@br_sss921)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事