素敵な親子関係にほっこり!自分に自信が持てなかった思春期の娘に対する父の言葉とは?


思春期に自分に自信が持てず、「わたしってかわいくないよね」と泣きながらお父さんに話したという、Twitterユーザーのかなり とおく(@kanaritooku)さん。

その時に、お父さんが返してくれたある言葉が素敵すぎる!と話題になっているのでご紹介します。

「自分は自分のままでいいんだ」と思わせてくれた父の言葉

他の子と自分を比べて落ち込んだり悩んでしまいがちな思春期、かなり とおくさんにお父さんが伝えた言葉がこちらです。


お父さん…なんて素敵な言葉!(泣)

かなり とおくさんが愛しい特別な存在であるがゆえに「わたしってかわいくないよね」と聞かれて全力で驚いたところも愛が深すぎます。

また、「世界で一番愛しいので客観的評価が下せない」という言葉に、容姿だとか一切関係なくありのままの自分を心から愛してくれる人がいる温もりだったり幸せを感じますよね。

かなり とおくさんも「自分は自分のままでいいのだ」という自信をもらえたそうです。


この投稿に寄せられた声

お父さんの素敵すぎる言葉に称賛の声が沢山寄せられています。


「お父さん素敵すぎる!」「温かい答え」といったものや、「思春期の娘が、自分のコンプレックスからくる悩みを打ち明けようと思える関係性が作れているあたり、只者ではない。」といった、かなり とおくさんとお父さんの良い関係性を見抜くコメントも。確かに、普段から気持ちを素直にぶつけられるような関係性を築かれていたんだろうなと見受けられますよね!

また、お父さん側の立場である思春期手前のお子さんをもつ親御さんから「こんな言葉をかけてあげられる親でいたいと、思いました。」という声も寄せられています。

愛を比べる必要なんてない

かなり とおくさんが追記されていた言葉もとても素敵でしたのでご紹介させて下さい。


親として色々な愛し方や愛情の抱き方があって、どれが「正解」なんてなければ、周りと比較する必要もありません。

かなり とおくさんとお父さん、おふたりの言葉が大切なことに気付かせてくれました。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@kanaritooku)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加