【台風15号の影響】相鉄線の横浜駅で発行された遅延証明書がすごいことに・・・

2019.9.11


2019年9月9日早朝に千葉県付近に上陸した台風15号の影響を受け、首都圏の交通網は大きな混乱が発生しました。首都圏在住の方で朝方通勤された方は大変な思いをされた方が多いのではないでしょうか。

JRや地下鉄はホームへの入場規制がかかるなどかなり混雑・・・そして横浜駅を起点にした鉄道路線をもつ相模鉄道では、見たことのないような遅延証明書が発行されました。

待っている間に勤務時間終了・・・


すごい遅延証明書」とコメントを添えて写真を投稿したのは、Twitterユーザーのごくうまぽんず(@G_PONZU)さんです。電車の遅延を証明するものとして鉄道会社が利用者に発行する遅延証明書ですが、何が”すごい”かというと・・・


540分、なんと9時間の遅延・・・

遅延証明書にこんな数字が書かれているのはなかなか目にしませんよね。通勤中であれば、待っている間に勤務時間が終了してしまいます。衝撃的すぎて確かに”すごい”の一言です。

鉄道網が発展している首都圏では台風などの自然災害によって大混乱に見舞われることが多々ありますが、遅延証明書のこの数字がいかに今回の台風が強大であったのかを物語っていて恐ろしさも感じさせます。通勤された方、鉄道会社で働く方々、お疲れさまでした。

また、今回の台風による被害を受けた地域では現在も復旧作業が続いています。一刻も早い復旧を心よりお祈りいたします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@G_PONZU)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加