ブサカワ珍獣「ビスカッチャ」はウサギじゃないよ、ネズミだよ!ペットとして飼育できるの?

2019.9.30


ビスカッチャという半目のような、目を閉じているような姿でボーっとしている姿がかわいい生き物がいます。

ゆっくりとした姿がかわいいこのビスカッチャの生態やペットにできるのか、もしくは国内の動物園でボーっとしているところを見ることができるのかをご紹介します。



ビスカッチャの生息域と生態

出典:wikipedia.org

ビスカッチャは成獣で50~70cmほど、体重は4~9kgほどの大きさになるネズミの仲間です。長い耳とモフモフの毛からウサギの仲間と思われることもありますが、あくまでもネズミの仲間になります。

ビスカッチャの生息域


ビスカッチャが生息しているのは、南アメリカ大陸のパラグアイやボリビア、アルゼンチンにチリ分布しています。パンパスと呼ばれる、広大な乾燥した温帯草原や山中といった高地、そして低木林の中や岩場に生息しています。また、マチュピチュ遺跡にも生息しており、観光客に前に姿を現すことも多いそうです。

ビスカッチャの生態

ビスカッチャは群れと一緒に巣穴で暮らす


ビスカッチャは10頭から30頭になる群れをつくって、地下に掘ったトンネルの中で暮らしています。トンネルは巣穴として群れ全体で使う為、長く複雑な形になっているそうです。また、巣穴の出入り口には石や骨などを積み上げてカモフラージュすることが分かっています。

ビスカッチャの食性


植物食で、草や草の根、草に種子を食しています。生息域的に水分をとることも難しく、生きるのに必要な水分もまた植物から摂取しています。

ビスカッチャはネズミ?ウサギ??


アンデスウサギという別名を持っていますが、ネズミの仲間のため、この別名は昔の人がその見た目から付けた誤った名前になります。ビスカッチャの指は前足が4本、後足が3本ですが、これはモルモットと同じ特徴です。齧歯目チンチラ科である、とも齧歯目テンジクネズミ科だともいわれおり、いまだに分類がはっきりしない状況にあります。




ビスカッチャは日向ぼっこをする

出典:YouTube

眠そうな顔で日向ぼっこをしてる、夜行性のビスカッチャ


ビスカッチャは本来夜行性のため、日中は巣穴のトンネルの中で休息をとっています。しかし、ビスカッチャが分布しているアンデス地方は夜間はマイナス15度まで下がる極寒の地です。その寒さに耐えるためにビスカッチャは厚い毛皮を持っています。

それでも寒いことには変わりがないのでしょう。朝日が出てくると、ビスカッチャは日光の当たるところに行きじっと日光浴を始めます。日光浴をしているビスカッチャの姿は目をほとんど閉じており、寝ているようにも見えます。朝日の温かい光を浴びてビスカッチャは体温を上げてから巣穴に戻り、しっかり休息をするようです。

動かないけど動くと早いビスカッチャ


生息地の標高が高いことから、酸素の薄い場所で生きているビスカッチャは、無駄に体力を消耗しないようにほとんど動かないそうです。落石以外はほとんど動かない、とまで言われているビスカッチャですが、天敵が視界に入ると岩場を飛び回って巣穴に逃げ込むそうです。

ビスカッチャの天敵


ビスカッチャの天敵は主に肉食動物で、アンデスネコやキツネ、ピューマなどの食肉目やワシなどの猛禽類がそれにあたります。ただし、酸素濃度が薄いこともあり天敵たちも執拗にビスカッチャを追い回す、という事は少ないので巣穴に逃げ込めることも多いそうです。

また、地元ではビスカッチャを食肉とする文化があるため、人類もまたビスカッチャにとっては天敵になります。

残念ながら日本にはいないビスカッチャ

出典:wikipedia.org

日本でビスカッチャの姿は見られない


2019年9月現在、日本ではビスカッチャは飼育されておりません。どうしてもその姿を見たい!となったら現地の南米に向かうか、外国の動物園に行くしかないようです。スイスやオランダでは飼育している動物園もどうやらあるようです。

ビスカッチャはペットにできない


2005年以降、野生のげっ歯類の輸入は禁止されています。これは、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」、通称「感染症予防法」にもどづく「動物の輸入届出制度」によるものです。そのため、げっ歯類に属しているビスカッチャがペットとして日本に来ることは通常ありません。残念ながら飼育したいという意欲がいくらあってもそれは日本にいる限りかなわない夢のようです。

動画で見るビスカッチャのかわいい姿


国内では姿を見ることができないので、いくつかビスカッチャのかわいい姿を見られる動画を紹介します。

まずは、ビスカッチャがもぐもぐと食事をしている動画です。目の前に人間がいるのですが、食事が最優先なのか全く動じていません。


こちらはビスカッチャがぬくぬく日向ぼっこをしている動画です。なごみますね。


まとめ


パラグアイやボリビアといったアンデス地方でまったり日向ぼっこをしているビスカッチャ、本当にかわいいので、日本でその姿を見ることができないのが残念ですね!生息地を同じくするオオミミマウスと並んで日向ぼっこをしている姿も目撃されているので、そのかわいいツーショットを直接見てみたいものです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Wikipedia(ビスカッチャ) / Wikipedia(Northern_viscacha) / YouTube(Viscacha) / YouTube(Southern Viscacha – Lagidium viscacia (Molina, 1782))

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加