見た目と中身の特徴を捉えた『関西人の見分け方』に反響!「京都はガチ」「滋賀(笑)」

2019.10.23


どうやったら関西人を地域別に見分けられるのか。それぞれの関西弁の特徴の違い?なんとなく見た目で?色々ありそうですね。

そんな中、Twitterユーザーのツイ廃絵師(ヤマガタ)(@yamagatasyohei)さんが描いた見た目と中身の特徴を捉えた『関西人の見分け方』のイラストが大きな反響を呼んでいるのでご紹介します!

一目で分かるスゴさ(笑)


こちらがそのイラストです。


大黒様のような優しい笑顔を見せる京都民、中身はというと仁王様バリの厳しさ。たしかに、”京都府民は「本音と建前」を絶妙に使い分けている”と、テレビ番組などでよく言われていたりしますもんね。


見た目はコワモテの仁王様、しかし中身は笑顔あふれる大黒様のような優しさのある大阪民。


見た目も中身も大仏様のような奈良民。穏やかな県民性ということでしょうか。


えっと、中身が・・・琵琶湖(笑)

いかがでしたか?言葉がなくとも一目で理解できるユーモア満点の表現がお見事ですよね!滋賀については、琵琶湖のような広い心を持っている‥きっとそんな意味だと信じます(笑)




イラストを見た人たちの反応は・・


投稿を見た人の反応がこちら。


なぜか、京都は納得という声がチラホラ‥京都民の方も「なんでこんなに腹黒イメージなんだ…」と嘆いています(笑) また、自分の中身が琵琶湖だったと知った滋賀民の衝撃の声も寄せられています。

関西と言っても地域によって異なる印象が持たれていて興味深いですね!みなさんはどんな感想を抱いたでしょうか?

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@yamagatasyohei)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加