まるで生きているよう・・高校生が色鉛筆で50時間かけて描いた絵が凄すぎる!背景の描写にもため息

2019.11.10


上手に描かれた絵を目にする機会はたくさんあるかと思いますが、時折「これは本当に絵なのか?」と思わせられるほどの絵がありますよね。

今回Twitterで話題となっているのは、高校生が色鉛筆で50時間かけて描いたというワンコの絵。そのクオリティには圧倒されます!



写真と見間違うほど・・


投稿されたのは、高校生色鉛筆画家の長靴をはいた猫(@erumo_0384)さん。こちらは反響を呼んでいるワンコの絵です。




まるで写真のようですし、パッと見た時に生きているようにも見えますね。それと同時に、温かみも感じられる素敵な絵だと思います。

そして、背景のぼかし方も凄いです。愛犬をこんな風に描いてもらえたら、飼い主さんにとっては宝物の絵になりますよね。

長靴をはいた猫さんのツイートは続きます。


こちらは作品の作業工程がわかる写真。





さらに、描いているシーンを撮影された動画も投稿されています。どのように色を重ねているのかなど、貴重な作業工程が分かります。


お見事としか言いようがないです。色鉛筆でここまで描けるのですね。




今後がますます楽しみ


そして、長靴をはいた猫さんはまだ高校生だという事実・・才能は既に開花されていますが、今後はますます凄い絵を描いて私たちを驚かせてくれそうです。

FUNDOでは以前、『「色鉛筆でユキヒョウ描きました!」高校2年生が描いた作品が超リアルで写真みたい』という記事で、長靴をはいた猫さんの作品を紹介しています。

このほかにも、長靴をはいた猫さんのTwitterアカウントでは、時間を忘れて見入ってしまう素敵な絵が多数投稿されているので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

長靴をはいた猫さんのTwitterアカウントはこちら

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@erumo_0384)

この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加