メーデーとはどんな意味?記念日?それとも助けを求めるSOS的なもの?

ゴールデンウィークが近くなると、カレンダーを眺めて「ああ、この日が休みだったらな~」と思ったことはありませんか?

そう!4月と5月の祝日の間に挟まれている文字が赤くない日、それが5月1日メーデーです。一方、遭難したときに救助要請で発信するのもメーデーです。

同じ「メーデー」ですが、この二つの言葉はまったく別のものって知っていましたか?

メーデーとは?

日本語では同じ発音でも、実はまったく共通点がないこのメーデーという言葉。二つの言葉の意味をそれぞれ見てみましょう。

5月1日は労働者の日

メーデーは労働者の日で、少し前までは日本でも労働者による大規模な集会やデモが行われていました。労働環境の改善やベア(基本給のベースアップの略語)を訴えて、たくさんの人たちがプラカードを持って歩いている様子が、メーデーの日のニュース画面に決まって流されていたんですよ。

最近では以前のように労働組合の活動が活発ではなくなってきたことや、労働組合に入る若い社員が減ったこと、またそもそも組合のない職場なども増え、大々的なデモなどは減ってきていますが、それでも各地で組合によるイベントが開催されています。

世界80か国以上で祝日

日本では意味を知らない人も増えつつあるメーデーですが、国際的には国際連合などの機関によって定められた「国際デー」とされています。世界中で少なくとも80カ国以上では祝日と制定されていて、日本でも祝日にしようという動きがあった時期があるんです。でもいろいろな理由から、祝日にするのは見送られたまま現在に至っています。

日本の祝日は近年良く日付が変えられますし、平成不況で連休の経済効果が見込めなくなったことや、勤労感謝の日もあるんだからいらないんじゃない?という意見が持ち上がったことなど、そこまでメーデーを祝日にすることにメリットが無くなったから、ということらしいのですが・・・。

ちなみにメーデーの起源の国であるアメリカや、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでは、メーデーとは別の日に「Labour Day(レーバーデー)」という労働者の日を設定して祝日としています。

でも労働者の日として権利を主張するよりも、いつも働いてくれてありがとう、と労働者をねぎらう日が祝日になっているのは、なんだか日本らしい感じもします。

遭難信号としてのメーデー

日本語で言うと同じメーデーとなりますが、労働者の日のメーデーとはまったく違う意味なのが、遭難信号のメーデーです。こちらは英語で表記すると「Mayday」となります。

「メーデー、メーデー、メーデー!こちら○○○」と危機に瀕した船の乗組員が無線で呼びかけているのを、映画などで見たことはありませんか?

メーデーというのは無線電話で遭難信号を発信するときの、国際的な緊急用符号です。簡単にいうと、どの国の人でも遭難信号だとわかる合言葉のようなものですね。船舶や航空機、車両などで今すぐに救助が必要な差し迫った状況のときに、助けを呼ぶ、電話でいう119番のようなものです。

メーデー呼び出しは緊急事態に対応できるようにどんな周波数でも発信できて、一度発信されると、救助に関係する通信以外のすべての通信をその周波数で発信することはできません。

もしメーデーに反応がない場合は、周辺の機関がそのメーデーを引き継いで発信する「メーデーリレー」が行われます。そして雑音や周波の混線があっても間違いなく受信できるように、「メーデー、メーデー、メーデー」と3回繰り返すことが決まりになっています。

ふたつのメーデーの由来

2つの意味の違いがわかったところで、次にそれぞれの由来について調べてみましょうね。

労働者の日はMay Day

労働者のメーデーは英語表記では「May Day」で、そもそもは古くからヨーロッパでは夏の訪れをお祝いする五月祭の日でした。

このお祭りでは労使の垣根を超えて一緒に祝う習慣がありましたが、1886年5月1日にアメリカのシカゴで労働者が起こしたゼネラルストライキをきっかけに、労働者が権利を主張する日として各国に広まっていきました。

このときのスローガンは「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」で、当時は一日12時間から14時間も働くのが当たり前だったのだとか。

ちなみに日本で一時期は禁止されていたメーデーが終戦の翌年に復活したとき、スローガンは「働けるだけ喰わせろ」でした。当時はまだ国民の食糧事情はとても貧しく、食べるにも苦労していた時代。食糧メーデーや飯米獲得人民大会と言われたそうです。

遭難信号はMayday

メーデーというのはフランス語のメデ(m’aider)に由来する言葉です。フランス語で「ヴネ・メデ(venez m'aider)」というと、「助けに来て」という意味になります。

1923年に当時ロンドンのクロイドン空港の主任無線技師だったMockfieldさんが考案したもので、その頃はクロイドン空港と一番多くの便が飛んでいたのがパリのル・ブルジェ空港だったため、フランス語が語源になったようです。それが国際的により通用しやすいようにと、英語のMaydayという表記に直して使うようになりました。

SOSとメーデーの違い

ところで緊急信号というとSOSもあるはずだけど、メーデーとは何が違うの?という疑問に思いませんか?私たちの一般的な暮らしの中では、メーデーよりもSOSのほうが認知度が高いような気もしますよね。

この2つの信号の違いは、無線通信か無線電話信号かの違いで、SOSはモールス信号なので言葉にして「エス・オー・エス!」と呼びかけることはありません。そして全世界的な海上遭難・安全システム「GMDSS」が完全導入された1992年2月で、SOSはその役割を終えて今は使われることはありません。

モールス信号を使って救助要請をするとき、Sは・・・『ト・ト・ト』、Oは---『ツー・ツー・ツー』という、打電しやすく聞き取りやすい符号をあわせて遭難信号の合図としたのがSOSです。つまりこの言葉に特別な意味はありません。

SOSの由来としては「Save Our Souls(我々の船を救え)」「Save Our Ship(我々の生命を救え)」「Suspend Other Services(他の仕事は中止せよ)」などとロマンチックな由来が伝えられていますが、実は都市伝説のような噂だったんですね。
 

まとめ

SOSとメーデー、違いがはっきりとしていますが、私たちの暮らしの中で使うには、そんなに明確な区切りはないような気もします。むしろ「メーデー」というより、SOSというほうが多いですよね。モールス信号のSOSは使われなくなったかもしれませんが、今でも災害現場や遭難してしまったときなど、SOSの文字を書いて助けを呼ぶのは世界共通だと思います。言葉が届かなくても目で見ただけですぐに意味がわかる「SOS」は、命を救う大切な符号です。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事