ここまでしないといけないとは・・・社会の悲しい現状を物語る驚きの光景が話題に

新型コロナウイルスの影響によりマスクが欠品。そのマスクと同じ原材料を使用しているため「すぐになくなるから今のうちに買っとけ」などと"デマ"が広がり、一部のドラッグストアでトイレットペーパーが品切れになるなど問題となっています。

FUNDOでも先日、『「在庫は十分にあります」トイレットペーパー等に関するデマを受け、日本家庭紙工業会からお知らせ』という記事でこの問題について取り上げましたが、トイレットペーパーの在庫は十分にあり、供給できなくなるということはありません。

そんな中、悲しい社会の現状を物語るツイートが話題となっていました。

ここまでしないといけないとは・・・

投稿されたのは、Twitterユーザーの@DJ_meatkunさん。

なんと、トイレットペーパーにチェーンが通されて鍵がかけられています。これは明らかに盗難防止ですよね。

お店で買えないからと、トイレに設置されているトイレットペーパーを盗む人がいるのですね・・・。あまりにも悲しい社会の現状です。

うちも予備を撤去しました

この投稿に対しては、「うちもお客様用のトイレットペーパーの予備を撤去しました」といった声や、「えげつなく盗まれてます」という現場の声が寄せられていました。

・販売側です。本当に予備のトイレットペーパーとか盗まれました。一日三回掃除しています。何だか、悲しくなります。本当に止めてください。 
 
・清掃パートですが、トイレットペーパーがえげつなく盗まれてます。消毒液もボトルごと持ち去られるので固定したら液を抜かれたり、盗れない腹いせに容器を破壊されたりしました。 
 
・昨日新宿の某デパートでトレペ泥棒オバサン目撃しましたよ。一瞬何が起きたかわからなくなりましたがビックリです。 
 
・確かにこれくらいやらないと盗む奴いますからね。 
 
・うちもお客様用のトイレットペーパーの予備を撤去しました。ボスである旦那がそこまでやらなくてもと難色を示しましたが、お客様を泥棒という罪人にしてしまわないための慈悲の措置だと納得させました。

実際にトイレットペーパーの予備が盗まれる事態が発生しているとのこと。こうなると、今回のようにチェーンを付けたり、トイレの使用を禁止するなど、お店側も余計な部分に気を使わなくてはなりませんね。

前述しましたが、トイレットペーパーには在庫があり、供給力があります。公共の場のトイレは大勢の方が使います。お店に、そして社会に迷惑をかける行為は慎みましょう。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@DJ_meatkun)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事