可愛い姿をしているのにそんなまさか!世界一の猛毒ガエル「モウドクフキヤガエル」

地球上の生物で一番恐ろしい生き物とは何でしょうか?

筆者は個人的に人間だと思うのですが、そんな人間を一瞬で死に至らしめる猛毒を持つカエルがいます。

そのカエルの名はモウドクフキヤガエル。なんと1匹で10人の人間を殺せてしまうほどの猛毒を持っているのだとか。

今回はそんな世界一危険なカエル「モウドクフキヤガエル」についてご紹介します。

モウドクフキヤガエルとは

モウドクフキヤガエルとは、黄色い体を持つカエルの一種で、見た目はつるっと可愛らしいフォルムをしています。

目もクリっととしていて、まるでアニメのキャラクターのようです。しかし、世にも怖ろしい生き物でもあるのです。

生息場所

モウドクフキヤガエルは南アメリカ大陸のコロンビアなどに生息しています。主に熱帯雨林を好み、湿度が高くて雨量の多い地域に分布しています。

日本ではまず見かけることもないと思いますが、実はペットとして人気もあるのだとか。

わざわざ南米に行かなくても、専門のペットショップに行けば見られることがあるかもしれません。

生態

モウドクフキヤガエルの体長は3cm~6cmほどで、寿命は10年ほどあります。

主に肉食で小型の昆虫を捕食して生きています。また、捕食するのはアリやハエやクモなど小さな生き物であり、中型や大型の昆虫を狙うということはほとんどないようです。

そして、その小型の昆虫から猛毒を抽出し、自分の何十倍、何百倍も大きな生き物を死に至らしめることができます。

事実、モウドクフキヤガエルは世界最強の猛毒ガエルとして知られています。

名前の由来はそのまま「猛毒吹き矢」に由来します。かつて原住民がこのカエルの毒を吹き矢に塗って使っていたことから来ているのだとか。

モウドクフキヤガエルが持つ生物中最強クラスの猛毒

モウドクフキヤガエルが持つ毒は生物の中で最強クラスです。

ここからは、いかにこの愛くるしいモウドクフキヤガエルが恐ろしい存在なのかをご紹介します。

生物中最強クラスの毒:バトラコトキシン

モウドクフキヤガエルが持つ毒は、世界最強の毒ともいわれるパリトキシンに次ぐ強力なものです。

その猛毒はバトラコトキシンと呼ばれ、どのような生き物でも簡単に死に至らしめるといいます。

他の毒ガエルたちは危機的状況になって初めて毒を分泌する個体が多いのですが、モウドクフキヤガエルは常に背中に毒を纏っているのが特徴です。

バトラコトキシンは長時間触れているだけで死ぬとも言われるほどの猛毒で、0.01gというごく微量で人間を殺せるくらい超危険です。

モウドクフキヤガエル1体分だと、人間10人分の致死量に匹敵するほど。

生物の体内にこの毒が入ると筋肉や神経の麻痺を引き起こすだけではなく、呼吸困難なども引き起こします。苦しんだ上に最終的には死に至るため、見かけても絶対に触ってはいけません。

猛毒の作られ方

モウドクフキヤガエルは、実は自分で毒を生成することができません。

捕食するアリやハエやクモなどが有す毒を自分の身体に取り込んでいるわけです。そのため、現地の昆虫を食べない限り毒は生成されません。

餌の管理さえ徹底すれば、無毒のモウドクフキヤガエルを飼育することも可能と言われています。

そんな非常に危険な毒を持っているこのモウドクフキヤガエルですが、毒を飛ばしたりすることはないですし、刺したり噛みついたりもしません。もともとは大人しい子なんです!(笑)

事実、愛好家たちの間ではペットとして人気があります。

可愛い黄色の体は警告色

体が黄色で一見すると、とても可愛いモウドクフキヤガエルですが、これは警告色となっています。

毒キノコが派手な色をしているのと同じように、モウドクフキヤガエルも「僕は危険だから食べない方がいいよ」と警告しているのです。

食べられると自分自身が死んでしまうし、食べた相手も死んでしまいます。それでは双方にとって損しかありません。

そんな無駄な状況を避けるために、あえて警告色になることで身の危険を教えてくれているわけです。ある意味でモウドクフキヤガエルは、優しいカエルなのかもしれませんね!(笑)

モウドクフキヤガエルにもいる天敵

モウドクフキヤガエルは誰も食べることができず、自然界でもまずこのカエルを狙う生き物はほとんどいません。

しかし、例外としてノハラツヤヘビだけは毒の耐性を持っているため、捕食できます。

わざわざモウドクフキヤガエルを選んで食べるということはしませんが、食べてしまっても毒の耐性によって死に至ることはありません。

もちろん、人間が食べると秒で死んでしまうので注意してくださいね。

まとめ

自然界には面白い生態を持つカエルが多いですが、その中でも南米で最も恐れられている生き物の1つがモウドクフキヤガエルです。

見た目の派手さと可愛らしさからは想像できないほど恐ろしいカエルなので、絶対に触れないようにしてください。

なんでも「可愛い」と言って触りたがる人は要注意!触れるだけでも死んでしまうので、南米旅行でジャングルなどに入る際には十分に注意しましょう。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事