雨上がりの空にカラーパレット。七色以上の『過剰虹』が幻想的だと話題に!

雨上がりの空に時折現れる虹。いつ見ても美しい自然現象のひとつですよね。

虹にも様々な種類がありますが、皆さんは『過剰虹』と呼ばれる七色以上の虹を見たことがありますか?

まさに空のカラーパレット

一見普通の虹に見えるのですが、よく見てみると色が多く、思わず二度見してしまう過剰虹。そんなレアな虹を、星景写真家のKAGAYA(@KAGAYA_11949)さんが撮影し、話題になっています!

KAGAYAさんの言われている「空のカラーパレット」という表現が素敵ですし、しっくりきますよね。本当にカラーパレットに見えますし、絵の具で空のキャンバスをサーッと塗っているようにも見えます。

ぼんやりとしていますが、よく見てみると通常の虹よりも色の帯が多いですよね。また、彩雲を横切ろうとする飛行機のシルエットという構図も、ロマンチックで素敵です。

雨粒の大きさが関係

日頃はなかなか見る機会のない過剰虹。このような珍しい虹が出現するには、虹を映し出す雨粒の大きさが均一にそろっていることが条件だそうです。

虹にも色々なバリエーションがありますが、初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

とても綺麗で心が洗われました

過剰虹の写真を見たTwitterユーザーからは、「絵の具をこぼしたような・・・」と表現される方や、「とても綺麗で心が洗われました」と感動する声などが寄せられていました。

・カラーパレット。絵の具をこぼしたような・・綺麗ですね。 
 
・過剰虹、初めて見ました。とても綺麗で心が洗われました。 
 
・二重の虹や彩雲は見た事がありますが、「過剰虹」というのは初めて知りました! 
 
・なんて癒される綺麗な景色・・思わず二度見しました。

雨上がりの空をふと見上げたら、過剰虹を見られることもあるかもしれませんね!自然現象の不思議さや美しさを、改めて思い知らされます。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@KAGAYA_11949)

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事