まさかのコラボが実現!日産自動車がクルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」を発売 | FUNDO まさかのコラボが実現!日産自動車がクルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」を発売 – FUNDO

まさかのコラボが実現!日産自動車がクルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」を発売

2020.7.4


世の中には様々なコラボ商品がありますが、自動車メーカーと柿の種のコラボは想定外でした。

7月7日(火)になんとクルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」が発売されることになり、話題となっています!

日産の歴史的名車が柿の種に


日産自動車は同社技術開発拠点・日産テクニカルセンターの地域貢献活動の一環として、伊勢原市及び地元企業と共同で、クルマの形をした柿の種「新型カキノタネ」を企画・製作したと発表しました。

350ml缶のようなパッケージに描かれているのは、ダットサン フェアレディやスカイライン2000GT(ケンメリ)、シーマ、フィガロ、GT-R(R32)など日産の歴史的名車のイラストや名車の形をした柿の種。どのパッケージデザインもそれぞれが素敵で甲乙つけがたいですよね。

出典:nissannews.com

同商品は、神奈川県伊勢原市が推進する地域特産品のPR活動「伊勢原うまいものセレクト」の新商品として、地元食品メーカーである龍屋物産株式会社と日産がコラボレーションして生まれたものだそうです。

名車をモチーフにした柿の種は全23種。さらには、伊勢原市のシンボルである「大山」をモチーフにした柿の種も入っているそうです。日産の自動車ファンの方々はもちろん、伊勢原市の方々にとっても嬉しい配慮ですよね。

出典:nissannews.com

大山はパッケージの中央にデザインされています。伊勢原市を表玄関に、標高1,252mのピラミッド型の美しい山容を誇る大山はまさに同市のシンボルです。

出典:nissannews.com

23車種をモチーフとした柿の種(米菓)の形状やパッケージのデザインは、こちらのリンクからすべて見ることができます。

23車種の形状やパッケージデザインはこちら



最新加工技術で米菓の抜型を製作


米菓の抜型は、日産の試作部が最新の加工技術を駆使。CAD/CAM設計と自動切削機を活用して製作するというこだわりよう。

小さな柿の種のひとつひとつにも、自動車を作る時と変わらないモノづくりの魂が込められているわけです。

出典:nissannews.com

「新型カキノタネ」は、7月7日(火)から伊勢原市内の飲食店や中日本ハイウェイ(SA売店)などで発売予定です。

日産の自動車ファン、柿の種ファンにとっては見逃せない商品ですね!

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:nissannews.com
この記事を気に入ったらいいね!しよう
      
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加