新玉ねぎの季節にぜひ!JA全農が教える「玉ねぎごはん」が美味しさの破壊力高そうと話題に

春といえば、みずみずしくて甘みが強い新玉ねぎが旬の時期ですよね。

食に関する情報などを発信するJA全農の公式Twitterアカウント(@zennoh_food)が、そんな新玉ねぎの季節におすすめな簡単レシピ「玉ねぎごはん」を紹介したところ、美味しさの破壊力高そう!と話題になっています。

新玉ねぎで作る「玉ねぎごはん」のレシピ

JA全農広報部が運営する公式Twitterアカウントに投稿された「玉ねぎごはん」のレシピがこちら。


 

①玉ねぎの皮をむいて縦に切り込みを入れる。

②研いで30分以上浸漬したお米の上に①とベーコンなど(写真はソーセージ)をのせる。

③炊いたら完成。

うわ~!新玉ねぎの優しい甘さとお肉の旨味がたっぷり染み込んだごはん、想像するだけで美味しそうです。ゴロっとした具材の食感が楽しめるのも良いですね。

作り方はとってもシンプルで簡単ですが、新玉ねぎをまるまる一個使うというのがなんとも贅沢。ぜひ新玉ねぎの季節に作って美味しさと旬を存分に味わいたいですね!

水は少なめ&好みで調味料を加えても良さそう!

詳しい分量などは記載されていませんが、写真から推測するとお米2合に対して玉ねぎ一個が使われているようですね。また、水の量は玉ねぎの水分を考慮して少な目に調整されているように見えます。

投稿に寄せられたコメントによるとJA福岡市が似たレシピを公開しており、そちらでは水は少な目、コンソメやバターで味付けしているそうです。

今回取り上げたJA全農の公式Twitterアカウントが教えるレシピの方は、写真を見ると仕上げに粗挽きコショウがかけられているようですが、好みでバターやコンソメなどを加えてみるのも美味しそうですね。

JA全農のTwitterは食にまつわる嬉しい情報が満載!

JA全農の公式Twitterアカウントには家庭で作れる簡単レシピをはじめ、知っておくと便利な料理のコツや裏技などなど食にまつわる嬉しい情報が満載!興味のある方は覗いてみてくださいね。

JA全農広報部の公式Twitterアカウントはこちら

併せてこちらの記事も読んでみてください。

これは食べてみたい!JA全農が紹介する「焼きレタスの温サラダ」が美味しそう

もっと早く知りたかった!「ふわふわ卵スープのコツ」をJA全農が伝授!

JA全農が伝授!あることをして焼くだけで、鶏もも肉が皮パリッパリ&身はぷりっぷりに

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出典:Twitter(@zennoh_food)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事