「沙翁」みんな絶対知っている、この歴史上の人物が誰のことか分かりますか?

皆さんは、「沙翁(さおう)」という人をご存知でしょうか?
世界的に有名な歴史上の人物ですが、沙翁では「聞いたこともない!」となる人もいるかもしれません。
ですが、答えを見ればきっと「ああ~!」となると思いますよ!

ちなみに、日本や中国といった漢字圏の人ではありません。
では「沙翁」とはいったい誰を指すのでしょうか・・・?

「沙翁」って誰だ!

まずは「沙翁」の特徴や、その功績に迫ってみましょう。

英文学におけるもっとも偉大な作家と言われているあの人!

「沙翁」が生まれたのは、1564年。
英国の劇作家・詩人で、彼の残した作品は舞台や映画などになって今の時代にも数多く残されています。
彼の残した作品は、いずれも言語表現の巧みさや繊細な人物描写で、現代でもイギリス最高峰の作家と言われています。

有名な作品はたくさんありますが、ここで紹介すると答えになってしまいそうなので・・・。
第一ヒントはここまでです!

ルネサンス時代の代表的演劇作家と言ったら?!

「沙翁」は、ルネサンス時代の代表的な演劇作家
「マクベス」や「ヴェニスの商人」、「ハムレット」に「ロミオとジュリエット」など、代表作は多数あります。

きっと、皆さんもうわかりましたよね?

そう、シェイクスピアです!

「沙翁」とは、ウィリアム・シェイクスピアのことです!
誰もが知る偉大な劇作家で、2002年にBBCが行った「100名の最も偉大な英国人」投票で第5位になったこともあります。

なんでシェイクスピアが「沙翁」なの?

では、なぜシェイクスピアが「沙翁」となるのでしょうか。
ここからは「沙翁」の表記についてご紹介します。

「沙」は略されたため

「沙翁」という表記は、中国での「莎士比亞」という表記が由来になっています。
日本では「沙吉比亜」という借字を用いていましたが、そこから頭文字である「沙」だけに略されるようになりました。

「翁」は敬称

沙翁の「翁」は、「おきな」とも読みますが、年配の男性への敬称として使われます。
偉大なシェイクスピアへの敬意を示した言い方なのですね。

シェイクスピアに関する都市伝説

偉大なシェイクスピアは、有名だからこそともいうべきか、さまざまな都市伝説があります。

シェイクスピアはいなかった?

シェイクスピアの書いたとされている作品は、他の作者や「ウィリアム・シェイクスピア」という共有のペンネームを用いた作家集団によって書かれたものではないか、という説があります。

シェイクスピアは、演劇作家になるまでの経歴が実はよくわかっていません。
両親の記録などは判明していますが、シェイクスピア自身の若かりし日の事や、どんな教育を受けたのかという事はわかっていません。

なにせ正確な誕生日も分かっていないほどです。
誕生日が明確になっていないことについては、当時は出生証明などが無いので仕方ないのですが・・・。

しかし、目立った学歴や経歴が無いのにもかかわらず、深い教養や専門的知識が必要な作品を執筆していることから、シェイクスピアなんて人物が実在しなかったのではともいわれているのです。
シェイクスピアのミステリアスな経歴から生まれた、一種の歴史ロマンによる都市伝説なのかもしれませんね。

未発表の作品がお墓の中で眠っている?

1616年に52歳で亡くなったシェイクスピア。
死因は腐ったニシンからの感染症にかかったとされていますが、詳細は明らかになっていません。

亡くなったシェイクスピアは、生まれ故郷のストラトフォードにあるホーリー・トリニティ教会に埋葬されました。
この協会は、シェイクスピアが生まれてすぐ洗礼を受けた教会でもあります。

このホーリー・トリニティ教会で眠るシェイクスピアの墓は、これまで一度も開けられたことがありません。
そのため、シェイクスピアの未発表作品が副葬品として墓の中に眠っているとも言われています。

まとめ

「沙翁」というのは、偉大なる演劇作家「ウィリアム・シェイクスピア」の漢字表記です。
沙吉比亜という借字の頭文字と、男性への敬称「翁」の組み合わせとなっています。

「シェイクスピア」と言われればすぐわかるものですが、漢字表記になると全然わからないですよね!

関連記事はこちら

「天王山」、急峻では無いこの山が勝負の分かれ目を意味するのは、歴史上大事な舞台だったから!

マリーアントワネット「パン」の名言は彼女の言葉ではなかった!フランス革命の犠牲となった王妃の真実がいま明らかに

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事