尿もれのイメージ

 

私はフランスで子育てをしています。フランスでは産後の腟トレーニングが一般的。腟トレーニングとは緩んだ腟を引き締めるためにおこなう運動のことです。移住してすぐに出産し、育児に必死だった私は「腟トレ」のことを知らないまま2人目を妊娠。おなかが大きくなるにつれて、陰部に違和感を覚えた私が気づいた腟トレの大切さを体験談とともに紹介します。

 

知らなかった! 腟トレの大切さ

フランスでは産後2カ月から保険適用で助産師の指導のもと、腟トレを受けるのが当たり前。腟トレにより骨盤が矯正され、尿漏れや便秘、腰痛などが改善され、妊娠中に増加した体重も減少するそうです。

1人目出産時、フランス語に乏しかった私はそんなシステムを知らないまま育児に奮闘していたところ、産後1年5カ月目に2人目妊娠が判明! 1度経験している妊娠、家族が増えることを楽しみにしながら最初の妊娠時よりもリラックスした状態で過ごしていました。

 

あれ? なんか陰部が…

妊娠5カ月目ころ、最初の妊娠では感じなかった「陰部の違和感」に気づいた私。おなかが少しづつ大きくなるにつれて腟が下がってきているような感覚になり、排泄時に特にその違和感を強く覚えるようになりました。また、まだ妊娠5カ月目なのにすでに尿漏れも……。

不安になり、妊婦健診時に助産師さんに相談しました。すると、「腟トレしていなかったの!? 産後の腟トレはとても大事よ。でも大丈夫、子宮口はきつく閉じているから赤ちゃんが出てくることはないですよ」と助言を受け、ひと安心しました。

 

妊娠中でもできる!

私はひと安心したものの、腟周囲の筋力低下により今後妊娠が進むにつれて腟がどんどん下がってきたらどうしようと不安になり、再度助産師さんに相談しました。

 

すると妊娠中でも腟トレができることを教えてもらいました。その方法とは、ただ気づいたときに腟をキュッキュッと締める運動をするだけ! 妊娠6カ月を迎える今でも、家事の最中やテレビをみているときに時々おこなっています。

 

 

2人目妊娠中にこんな経験をするなんてまったく予想していなかった私は驚き、不安に陥りました。しかし、妊娠中でも腟トレができることを知り、本当によかったです。トレーニングを続けている今でもまだ陰部の違和感がありますが、今後のためにも続けていこうと思っています。産後は「腟トレ講習」に参加するつもりです!

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

「共感した」「私の場合はこうだった」など、ぜひベビーカレンダーサイトのコメント欄にご感想をお寄せください。また、ベビーカレンダーでは皆さんから募集した体験談を記事でご紹介させていただくことも。ベビーカレンダーに会員登録すると届くメルマガから、皆さんのオリジナル体験談をご応募ください。

 

監修/助産師REIKO


著者:岩見 エリ

1男の母。看護師歴12年、現在はフランスで出産し子育て中。


ベビーカレンダー

「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。赤ちゃんとの毎日がもっとラクに楽しくなるニュースを配信中!無料の専門家相談コーナーも大人気!悩み解決も息抜きもベビカレにお任せ♡


関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事